水彩画

2012年3月11日 (日)

2011.3.11を想う

 未曾有の東日本大震災と東電・福島原発の事故が発生した、
2011年3月11日から早くも1年が経ちました。
 亡くなられた方・行方不明の方・それに未だ避難生活を強いられている方々に、
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 予想外の大きな津波と、心胆される原発の事故は、
日本全体いいえ世界の人々に計り知れない恐怖を与えました。
そして、それは未だ復旧・復興が遅遅として進まない苛立ちを覚えて已みません。
でも
、被災された皆さんの粘り強い取り組みに、感動と元気を頂きます。
 生半可な掛け声や励ましの声では、到底皆さんの心には届かないと思いますが、
被災された皆さんの心からの明るい笑顔が戻ってくることを願っています。

004


052


005
 水彩画は、いずれも花の少ない我家のベランダを彩ってくれているお花達です。
 
2月26日に京都会館で行われた”京の郷土芸能まつり”の最後のステージで、
被災された宮城県大崎市「高倉蘖(ひこばえ)太鼓」のグループの方たちの力強い演奏を聴きました。
 そして、久しぶりに大きな感動を戴きました。
               ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
11日は「京都マラソン 2012」こちらも行われました。

    音楽は、♪夜明けのうた を選びました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月 9日 (木)

父の祥月命日

 2月9日は、父の祥月命日です。
早いもので亡くなってから、36年が過ぎました。
葬儀の日も今年のように、厳しい寒さでした。

 父を思い出す時、やはり植物です。
草花をこよなく愛し、盆栽、サボテンや多肉植物、山野草など、
丹精込めて育てていました。
 狭い庭を3つのゾーンに分けて、
一つを盆栽風に、山野草、そして、私が喜ぶ季節の小さな花のコーナー
 其々の間に石や砂利を敷いて散策道?のように作っていました。

小さなガラスの温室にはサボテンと多肉植物が所せましと・・・
殆どの山野草や草花は野や山で摘んできたものでした。
棚の上には数々の鉢植えの植物、針金で吊るしたのも有りました。

001

中学生の頃のエイプリルフールには
「お父ちゃん 友達が花の苗をあげると言うてはったわ」
本気で喜んでいる(そんな振りをしていたのかも知れませんが・・)父の様子に
悪いことをしたなあと思って、
すぐに
「今日は何の日か知っている?」と喜んでいたものです。

0041

そんな父に我家の花をプレゼントしましょう。
 窓からの光が映りこんでいますが、
「お父ちゃん かんにんえ」で許して戴きましょう((+_+))

002
晩年の父が気分の好い時に出かけていた山科疏水ですが、
今は散策道と公園が出来ています。
 桜の頃は地元の方達がベンチに腰かけて、お弁当を広げたり、
お花見をされている姿を見かけます。
 流石にお酒・・・の方は見かけませんよ(^_-)

音楽は、父が好きだったかどうかは解りませんが、軽快で爽やかな
♪真珠採りのタンゴを選びました

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年9月 5日 (月)

母の祥月命日

 今日、9月5日は母の祥月命日です。
亡くなってから13年経ちました。
花の大好きな母の為に8月は専ら花の絵を描きました。
一応、母に捧げる花です。少しも上達しなくて
(/ω\)ハズカシー
何時ものように描いた順番にご覧くださいね。
 室内でカーテンを閉めて蛍光灯の灯りで撮っています。
その為か色が実物とは少し変わっています。


(用紙は透明水彩用紙 F6(410x318)。透明水彩絵の具。)

026


お墓の有る、南禅寺の塔頭「天授庵」のお庭に咲いていた、桔梗です。

030


向日葵の花が好きだったのかは解りませんが、何故か病室に飾られていました。
母がぼんやり眺めていたのを覚えています。
京都府立植物園です。


028_2


南禅寺の近くの池の蓮の花てす。
咲いているのに今年初めて気がつきました。


031


子供の頃、夏の花の筆頭は朝顔でした。
父も母も好きで、自宅の前庭で種をとって毎年咲かせていました。


 父が亡くなっなった時、お別れの母の言葉は
「極楽へ行っとおくりゃす(行ってください)」でした。
 身体が弱くて、また、戦争の影響も有り、一家の大黒柱の役目を果たせずに亡くなった父も無念だったと思いますが、母の苦労の大きさ、重さは子供の私にもわかりました。
その父への最後の言葉に感動を覚えました。

 そして、その母への別れの私の言葉は
「お母ちゃんは絶対に極楽へ行けるわ」でした。

今は父とそして今年の2月に亡くなった義姉の3人で
仲良く極楽で暮らしていることと思います。

 歌が大好きで、特に”琵琶湖周航の歌 ”知床旅情をよく歌っていました。
♪五番街のマリーへ♪は若かりし頃の自分の人生に重なる部分が有るようでした。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年6月10日 (金)

可憐な紫陽花は如何ですか

 今日ご紹介する紫陽花は千本釈迦堂で見つけた、生まれたて?の紫陽花の花です。
殆どが蕾でしたが、赤ちゃんのようなかわいい花びら(萼がく)ににっこりです。
二種類の花が咲き始めていました。


023
小鳥が親鳥に餌を催促しているように見えませんか

020

↑とは違う木の紫陽花です。

035

どちらも可憐ですね。
満開の紫陽花は勿論豪華で素晴らしいですが、赤ちゃん紫陽花の可愛さに見惚れていました。

自分の描いた絵を部屋に飾る。これも愉しみの一つです。
下手な絵でも・・・
001
リビングに飾っている最近の水彩画です。
賀茂川の橋の上で描きました。
中心の白い縦線は光が当たっています(';')

001_2
同じくリビングに飾っています。
上賀茂神社の”ならの小川”です。

 絵は写真に撮ると色が変わります。
透明水彩絵の具だからでしょうね。
油絵の塗り重ねの濃い色は変わらないと思いますが。
スキャナーが好いのですが、絵のサイズが大きすぎて・・。
音楽は、一時期好きでいつも歌っていた五木ひろしさんの”別れの鐘の音”をお聴きくださいね。

2011年5月19日 (木)

Happy Birthday to・・!(^^)!

 今日は何の日かご存知ですか?
「ええ~知らないのですか」(';')
実は私の誕生日で~~す♪
何歳になったの?
それは内緒です(^_-)
 ↓は丁度10年前の私です。
写真の裏には「2001、5、28」と書いてあります。

コーラスでは時々、年代別に歌わされますが
「60才代の人」に入っています(^。^)y-.。o○

01_2
 この時は、未だ、現役バリバリ?でした。
白髪も一本も無くて、ふっくらほっぺは張りきっていました。
私には永遠に皺やシミとは無縁と思っていました。
  薄いピンクのシャツを着ています。子供の頃からピンクが大好きで。

仕事が休みの日は、リフレッシュにあちらこちらと出かけていました。
 今はサンデー毎日の暮らし、「あの頃が懐かしい」は年寄りの言葉ですね。
  今の顔は↑の顔+5才かなぁ。
マイナスして戴いても一向に差し支えありませんよ(^_-)-☆

04
そして、この写真は↑の私より、15才若いです。
写真の日付は86年6月28日になっています。
過去に一度、登場していますね(^_-)
”若々しくて可愛い”自分でもそう思います(^。^)y-.。o○


031
     [水彩用紙・F6号(410×318)]
最近描いた水彩画です。クリックして戴ければ大きくなります

嵯峨野の民家ですが、日本の原風景ですね。
今回はこの1枚だけを載せました。

 音楽は勿論♪二度とない人生だから♪です。
これから何十年生きられるか解りませんが、出来るだけ悔いの無い人生を・・が願いです。
そして私の理想像は「明るくて優しい女性」です。少々おバカさんでも。
 出来る事なら、何時までも若々しく綺麗で(^。^)y-.。o○

2011年4月21日 (木)

久しぶりの水彩画です

 私の趣味の一つは水彩画です。
教室では優しい講師の指導の元、お仲間の皆さんと真剣?に、皆さんの絵を拝見したり、和やかな雰囲気のなかで学んでいます。
 自宅では、コーヒーか紅茶やココアにお菓子をつまんで、好きな音楽を聴きながら描くひと時は、とても贅沢な時間です。
暫く発表(そんな大そうなものや無いですが(';'))していませんでした。
描いた絵も溜ってきました。
粗製乱造と言われるかも知れませんが、暖かい眼でご覧くださいね!(^^)!
 では、前置きはこのくらいにして・・・・。
何時ものように描いた順番にご紹介させて頂きます。
(クリックしてご覧くださいね、色もはっきりします。)

005
”福寿草”が落ち葉のほっかほか絨毯の上で嬉しそうです。

007
緑の新鮮な葉っぱが付いているキヨミオレンジを戴きました。
香りが新鮮でとても美味しそうでした。
勿論、描いた後に美味しく味わいました!(^^)!

004
我が家のベランダで可愛く咲いている花です。
サイネリアでしょうか?

010
近くのお寺に咲いていた1本の枝垂れ梅(桜では有りませんよ(';'))です。
枝垂れ桜のような豪華なお花に感動しました。

005
ベランダを飾っている”ラベンダー綿帽子”です。
一つの鉢植えですが、違った方向から描いてみました。

003
これもベランダの色鮮やかなアザレアです。

002_3
何の花だったか?忘れました(';')
お彼岸の時にお墓に備えた花の残りです。
 
 如何でしたでしょうか?少しは上達しましたでしょうか?
お口別嬪でお願いしますね(^_-)

(透明水彩用紙 F6号(410×318))

音楽は、辻井伸行さんで、リストの”愛の夢”を選びました。

2011年2月20日 (日)

久しぶりの水彩画です

 久しぶりの水彩画です。
昨年末から今年にかけて少し辛いことが有りました。
そんな時に描いた絵です。
やはり心の乱れが絵に出ていますが、それも長い人生の中での1ページかな?と思っています。
 今回は特に「優しい眼と心」と「お口別嬪」でご覧戴ければ嬉しいです(^_-)
絵は大体2か月で3枚のペースで描いていますが、その中から数点選びました。
 今回も描いた順番にご覧くださいね。実際の絵はもう少し色は濃いです。

(クリックして大きな画面でご覧くださいね。色も少しは濃いです。)
005jpg1
家に有った野菜達に全員集合して戴きました。
白いエリンギか2本有りますが、ちょっと見難いでしょうか・・・?
野菜は既に私の胃袋を通り過ぎてゆきました。

001jpg1
     (今年の年賀状に使いました)
小さな葉牡丹を土を敷いた籠に植えました。
今はプランターで、ガーデンシクラメンと寄せ植えしていますが、
大きくなって
元気に育っています。

004jpg1
冬枯れの日の早朝の植物園です。
松ぼっくり?がお日さまを受けて自由にお散歩していました。
松ぼっくりは苦労が無くて?ええですね(^-^)

002jpg1
元旦の朝の”今宮神社”の雪景色です。大晦日に大雪が降りましたね。
こんなに積もったのは久しぶりでした。
雪の雰囲気が出せなくて苦労しましたが・・・・結局出せないままデス(泣く)

006jpg1
最後は、先日父の祥月命日の記事にも載せましたが、
水彩画としてもう一度ご紹介させて頂きました。
 今も我が家のリビングで、葉っぱも花数も増えて、特に花は3~4倍に増えて、華やぎを与えてくれています。

(水彩画用紙 サイズF6(410×318))

音楽は村治佳織さんのギターで”早春賦”をお聴きくださいね。

2011年2月 9日 (水)

父の祥月命日

 2月9日は父の祥月命日です。
私が33才の誕生日の3か月前に亡くなりました。
「今から何年前になるのですか?」そんな野暮なことは聞かないで下さいね。深く追求しない優しさも大切ですよ。

33才は女性の厄年(大厄)ですね。
ご近所の方たちは、父が私の大厄を受けてくれたと言って下さいました。
 今日は父が大切にしていて、私が遺品として引き継いだ物を数点ご紹介します。父の人となりを感じて戴ければ嬉しいです。
011
父が産寧坂(三年坂)で下宿していた頃から使っていた、愛用の茶箪笥です。
それ以降、少しも手をかける事も無く、今も自然の汚れ?のまま使っています。
 多分80年位は経つと思われます。

014
買った茶箪笥に蒔絵師だった父が、金粉で書いた文字と絵?です。
金粉が剥げた箇所も有ります。

茶箪笥の中からその一部を取り出してみました。
010
父はお酒を嗜むことは有りませんでしたが、若い頃に集めたお猪口の一部です。
003_3
徳利の一つです。

父はお茶が好きで甘党でした。
私は和菓子が欲しくて、「お茶淹れて~」と甘えたものです。
001_2

↓は、いずれも手先の器用だった父の手作りで、愛用していたお茶の道具です。
006
竹製です。
どのようにして作ったのか詳しく聞いておけば好かったと、今になって思います。

008

最後は茶箪笥の上に飾っていますが、もう何十年も経っているのに少しの色落ちも無く綺麗です。
002
 当時、貧しかった我が家では「全てを言い値で引き取らせて欲しい」の道具やさんの言葉に、「手放して欲しい。と父に言いたかった」は、晩年の母の言葉でした。

お花の大好きだった父に私の描いた水彩画の中から、シクラメンの花を贈りましょう。

003jp1

喜んでくれるかどうかは、疑問ですね。

 音楽は、やなせたかしさん作詞 木下牧子さん作曲「海と涙と私と」をお聴きくださいね。この歌は3月12日に京都コンサートホール「ゴールデンエイジ合唱の集い」で、私たちは3曲歌いますが、その中の一曲です。

2010年12月19日 (日)

今年最後の「水彩画」です(^^♪

 今年は下手な水彩画をご覧戴いてありがとうございました。
上達はイマイチでしたが、愉しく学ぶことが出来ました。

 今回は秋の様子を描いた作品をご覧くださいね。
タイトルは「」です。
 賞味期限切れ?なるのを恐れてかなり慌てています。
では、何時ものように描いた順番にご覧くださいね(クリックして戴ければ大きくなります)。

001_3
秋の果物「梨、柿、ラ・フランス」そして大好物の「さつま芋」です。

005_2
「柿と柚子、かしら芋」そして「落ち葉」を散らし(上から落とす)てみました。


003_2
近くの天神さんや、浄福寺、その他お寺や神社、そして舗道に散っていたのを拾い集めて、上から散らしました。
 ↑の3作品は現物を見て描きました。


009
これは、11月に美山に行った時の紅葉です。
写真を見て描いています。(用紙は何時もと同じ、水彩用紙F6号)
 絵を描く事はコーラスやピアノ、英語などと同じで私の大切な趣味として、
これからも続けてゆきたいと思っています。
 時々載せさせて戴きますが、皆様方にご覧戴きけたら励みになります。
これからの人生、あと元気でどれくらい生きられるのか解りませんが、
無理をしないで、背伸びもしないで、少しだけ努力して、何よりも心豊かに生きて行けたらええなあと思いながら、
二胡の演奏で「川のながれのように」を選びました。

2010年10月 8日 (金)

久しぶりの水彩画です

 今年の夏は猛暑で何もする気が起らず、ひたすら冷たいものを流し込んでいました。京都の町や少し離れた場所の徘徊はしていましたが・・・
更に例年の事ですが、顔の湿疹に悩まされ、9月になってやっと!快方の兆しが見えたと喜んだのも束の間、今度は両手の甲~腕にかけて湿疹。
痒くて痒くて・・crying1週間程前から元の綺麗なお肌に戻りました\(^o^)/

 水彩画も数枚描いたのですが、ロクなものが無くてcrying
やっと涼しくなって、落ち着いて描くことが出来ました。
 まあ、前置きと言い訳はこれくらいにして暖か~い優しい目でご覧くださいねheart04
描いた順番にご紹介します。
(クリックしてご覧くださいね)

一番目は私の大切なネタ元の一つ
 京都府立植物園の通称「ねこじゃらし」本名「エノコログサ」です。

003

そして、こちらも大変お世話になっている上七軒の町家のお店です。

063

次は、宝が池公園です。上から、比叡山・東山・国際会議場・宝が池です。

002jpg1jpg1

そして最後は産まれたてほやほやです。
ガラス鉢に盛り付けた葡萄と桃です。
左側から白いレースのカーテン越しに太陽の光が射しこんでいます。


004jpg1

何時も言っていますが本物はもっともっと素敵なのですよgood

私の絵はいつも優しい色使いでしょ。
講師は「絵はその人そのもの」と言って下さいますconfident

これだけでは少し寂しいですね。
それでは音楽をお聴きくださいね。
私の好きな「カノン」です

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ