京都の正月

2010年1月16日 (土)

京都の花街「宮川町」のお正月

 私の3日のお正月を求めて散策はここ宮川町で終わります。
ここも舞妓さんを期待していましたが・・・・。
舞妓さんは
「京都宮川町で見かけた舞妓さん」(ここです)をご覧くださいね。

でも、流石に花街です。正月飾りも優雅でした。
この近くで暮らしておられる方たちの姿しか無くて、ひっそりしたお正月でした。
084
写真に傾きが有ります。
シマッタsign01後の祭りですねcoldsweats02
 ここも電柱が無くなる日を待ちます。

082

お茶屋さんが続きます。

083

では、お正月飾りをお愉しみ下さいね
086  
お茶屋さんが続きます

089jpg1

091

093
お茶屋さんの作りも少しづつ違っています。

094

087
個人的には、ここの数軒のお家に懐かしさを感じました。
 祇園界隈の雑踏とは違って、この宮川町通は観光客が少なく、その分情緒は一層濃く感じられました。
花街の中でも私は一番のお気に入りでお勧めですgood
 
 
3日のお正月の散策(京都駅ビル→二条城→花見小路→石塀小路→祇園新橋そして宮川町)はこれで終わりですが、
万歩計14000歩。
 昼食 2時前にここの近くの「おうどんと丼ぶり」のお店(中年のご夫婦が経営)で、中華そば(ラーメンとは違いますconfident)を食べました。
おつゆもあっさりしていて、熱くて本当に美味しかったhappy01

 
興味の有る方はご覧下さいね。

宮川町通(宮川筋)は鴨川の東、川端通の一本東の小路で、四条通から五条通に達しています。
 鴨川の別名を当時宮川と言っていたところから、北から宮川筋一丁目~八丁目迄が有りました。
 このうち一丁目は祇園の「外六町」の一つとされていました。
 
 宝暦元(1751)年には遊里としての認可を受けています。
以後この小路は祇園とならぶ遊興の地として、大いに賑わいを見たそうです。
 
 またそれとは別に宮川筋では、歌舞伎役者などの若衆をかかえて客の相手をさせる家も多かったとの事です。
 
 四条の色宿・子供宿とも呼ばれていました。
貞享5(1688)年に刊行された「諸国色里案内」には
「こゝは、ぶたい子・かげ間・野良のすみか、ぶたい子銀壱枚、かげ間屋金子壱歩、あるひは百匁」と当時の様子が記されています。(正直私には意味は解りませんcoldsweats02
 

2010年1月13日 (水)

花見小路から二年坂と下河原通を歩く

 二条城を散策した後、市バスに乗ってまず、花見小路(祇園・東南角が一力茶屋)まで行きます。
ここは観光客のスポットになっています。
 諦めて帰ろうかsign02、ふと上品な佇まいの路地が見えました。
「青柳小路」(花見小路に直角の道)と道路に説明板が・・・eye
路地に入ります

076

 竹簾と格子の整然とした路地です。同じような町家が続きます。
花見小路の賑わいが嘘のような、数名の方が思い思いにカメラを向けておられます。(実はここで数枚の写真を撮ったつもりsign01なのですが、パソコンに取り込んだら「無いcrying」「なんでやろ」coldsweats02


078
その中に1軒だけ、他の町家と違ったお店が有りました。

081_2

とても奥行きのある、路地を見つけました。
こんな所に・・・・嬉しくなって勿論camera
どなたかが、打水をされていますねhappy01
 
再び花見小路に出ます。
080_2
今年のお正月は晴れ着の姿が見られませんでした。
たまたま、ず~っと前を歩いておられた娘さんをcamera
 
この後、二年坂を通って、石塀小路に向かいますが、
039
ご覧くださいeye電線(電柱)が無くなりましたhappy01
これから順番に無くなるそうですが、何んとスッキリしているでしょうsign03
ここも人・人・人・・・
(雪の舞い散る朝に歩きたいなあheart

次は、石塀小路へ行く途中の下河原通です。
054

055

次は、蒔絵・金工の「迦陵頻(かりょうびん)です。
056
この日は、お店を開けておられて、店内には若い女性の姿が見られました。
 この後、石塀小路にお正月を探して、散策します。

2010年1月 2日 (土)

京都・最古の花街「上七軒」のお正月

 全国的に寒波が襲った元旦は、京都も時折薄日が射すものの、小雪もちらつく厳しい寒さでした。午前中に近くの「千本釈迦堂」~「上七軒」~「北野天満宮」そして、「平野神社」へ初詣しました。
今日は少し華やいだ「上七軒の元旦」の様子をご紹介します。
 上七軒(かみしちけん)を地元の人は「かみひちけん」と呼んでいます。
047
こちらの新年を飾るお花は、毎年変わっています。
昨年は、梅の花があしらわれていました。
048

027
 「洋菓子と喫茶」のお店です。
界隈を散策してからこちらで、ケーキと紅茶を戴くのが私の贅沢です。
残念ながら、開店前?でした。
045
こちらのお正月飾りも毎年変わっています。

 ここらで、上七軒について少しご紹介しましょう。
興味の有る方はどうぞeye
 上七軒が花街である事は有名ですが、「上七軒」の由来を少し。
室町時代に北野天満宮の再建の際に残った木材を使って、7軒の茶店を建てました。これが「上七軒」の由来で、桃山時代に豊臣秀吉が北野で大茶会を開いた折に、茶店は団子(御手洗団子)を献上したところ、大いに褒められて以来、また西陣の結びつきで花街として繁栄しました。
春には、演舞場で「北野をどり」が上演されます。

035
和菓子の老舗「老松」です。
ここは、修学旅行生の和菓子体験コースにもなっています。
季節に合わせた生菓子が喜ばれています。

041
4代続くお茶屋さんです。上七軒では、最も古いところです。

038

Img_2131

026

028
郵便局も元は京町家でした。

Img_2138
「もりの漬物」です。私はここのファンで、自宅で戴くほか贈答にも使っています。

Kami31 このマークは何だと思われますか?
上七軒の紋章です。秀吉に供応して喜ばれた、「御手洗団子」を表しています。

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ