京町家・お店

2012年2月25日 (土)

西陣・紋屋図子と三上家路地そして蜂蜜の”ドラート”

 10日の午後は西陣界隈を散策しました。
晴明神社の近く、大宮通、黒門通、五辻通、大黒町そして今日ご紹介する
”紋屋図子”と”三上家路地”です。
 
 紋屋図子は織物の図案である紋意匠図を作る職人が集まっていた事から、
この名前が付きました。
 江戸中期の宝暦年間には有職織物師の御寮織物司六家のうちの五家までが紋屋町に住んでいたそうです。 
 御寮織物司というのは室町後期より宮中に収める有職織物を取り仕切った織元のことで、御寮織物司は”紋屋”と呼ばれました。


0321
右端の町家は、遊墨漫画家、南久美子さんの「遊墨画工房」です。
紋屋図子は全長50メートルほどの図子です。


019
 図子の中央あたりから北に15メートルほど伸びる三上家路地で、
突きあたりが三上家です。
 三上家は紋屋町に現存するただ1軒の紋屋だそうです。
かつてこの長屋に職人達を住まわせていたそうですが、今は陶芸家や写真家らが住んでいるようです。
石畳の細い路地には10軒の長屋が並んでいます。
(以前、テレビドラマ「赤かぶ検事奮戦記(中村梅雀)」で路地と、
一軒のお宅が登場していました!(^^)!)


021
路地の中ほどから撮っています。
 大きな壺を置いている?飾っている?お宅が、陶芸教室です。
自転車が目立ちますね。


022
路地の中ほどから、紋屋図子を眺めたところです。

その中の一角に蜂蜜専門店”ドラート”(↑右端)があります。
 どこか懐かしい風情の京町家に、瓶詰めされた黄金色の蜂蜜が
きらきらと宝石のように輝いていました


025

026
れんげ、アカシア、みかん、りんご、桜、くり、さくらんぼ、たんぽぽ などなど・・・
国内、海外のたくさんの種類の蜂蜜が有ります。

 スタッフの方が好みや用途にあった蜂蜜を、親切にひとつひとつ説明しながら、
テイスティングさせてくれます。
時々お訪ねして蜂蜜を買い求めますが、居心地が良くて、
ついつい長居してしまいます(#^.^#)


京都西陣蜂蜜専門店 ドラート
京都市上京区大宮通五辻上ル西入ル紋屋町323
℡ 075-411-5101
音楽は、バッハの優しい調べをお愉しみください

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月 3日 (金)

ランチ 喫茶 配食の店”ハイ どうぞ”でランチを戴きました

 二条駅南側”仏教大学”と”立命館大学”の間の道を西に歩いて、
10分足らずで、懐かしい家並みに出会いました。
 わずか7軒の小さなお店がひっそり並んでいます。

014
二条駅周辺の開発に取り残されたような空間に安らぎを感じて、
1軒のお店に入りました。


013
ランチ 喫茶 配食の店”ハイ どうぞ”です。
 こちらはNPO法人 小規模共同作業所 ふれあい
ほうむ”どうぞ”が
運営されています。

008
町家を改造した内部です。
通り庭の壁を取り外して調理場になっているようです。
 
作業所で作られた可愛い小物や、美味しそうな手作りパンも売られていました。

009

010
この日戴いたランチ(650円)です。
全て自然食材を使った完全手作りで、メニューは毎日異なります。
 鶏肉の香り照り焼き(カラッと焼かれた鶏肉が、香ばしくて美味しいでした)
 南瓜のサラダと生野菜の付け合せ。
 小鉢はお豆腐とえんどう豆、キノコ、海藻のあえ物。
 具沢山のお味噌汁に玄米ご飯(白ご飯も有ります)
少し少ないかなあと思っていましたが、食べ終わって満腹・満足でした!(^^)!
 音楽はこれも懐かしい♪無縁坂は如何ですか?

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年12月20日 (火)

”町家ショップ&カフェ 綾綺殿”でランチを戴きました

”町家ショップ&カフェ 綾綺殿”(りょうきでん)は築百年、長い間お米屋さんとして使われていた町家を、化学物質を一切使わず、紅殻(べんがら)・荏(え)油・柿渋を使って改修したお店です。
008
平安時代、天皇の居所であった内裏の中にあった建物。
その中心的存在である紫宸殿の東北に位置し、舞いや宴が行なわれていた殿舎が「綾綺殿」であり、ここがまさにその場所にあたります。
 目を閉じれば王朝絵巻が繰り広げられる様子が浮かんでくる・雅びな歴史を感じるところです。

005

木と土の世界で、ゆっくり深呼吸しながらくつろげる空間です。
裏庭には”五右衛門風呂”もそのままの形で残っていて、
懐かしく見入ってしまいました。

009


006
この日の、コーナーには、クリスマス関連の小物達もキラキラ飾られて珍しい光景です。

013
ランチのコースは数種類有りましたが、「鶏肉の照り焼き」を選びました。
これに、ご飯と具沢山のお味噌汁が付いています。
 鶏肉はカラッとパリパリに焼かれていて、油っぽさは全く無くてとても、

美味しいでした。
 食後のコーヒーは200円で戴けます。
この日は珍しくお客様も少なくて、ゆっくりお食事を愉しみました。
  音楽は、川井郁子さんのヴァイオリンで”ジュピター”は如何ですか

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年11月19日 (土)

再び京うちわ「阿以波」さんにお邪魔しました

 夏の終わりに偶然見つけた、京うちわ「阿以波」さんに再びお邪魔しました。
目的は団扇も秋の装いになっていないかなあ?
 前回は、恐る恐るガラスの外から写真を撮っていて、声をかけて戴きましたが、
今回は、堂々?とガラス戸を開けてお訪ねしました。
 
 覚えて下さっていたらしく、奥さま、従業員の方2人が笑顔でお出迎え(*^-^)
店内には上品な香りが漂っています。
今回は、秋らしい団扇と高価な団扇をご紹介しましょう。
全て装飾品です。

055
まずは来年の干支”辰”ですが、今年の兎さんのように好まれないとの事でした。
外見で損をしていますね(;ω;)


059
優しい(^_-)コスモスと白い桔梗、そして紫の桔梗です。


061
菊の花に水色の桔梗が添えられています。


↓の3点は特に高級な団扇です。
どのような方が買い求められるか?羨ましい限りです。

068

070

069
団扇と言うより芸術品ですね。
ため息をつきながら目のお正月をさせて戴きました。

創業元禄2年(1689年)
京団扇一筋三百年のお店です。
阿以波さんの歴史は、初代長兵衛氏が近江の国の“饗庭(あいば)”より、
都に出て店をひらいたことに始まるとのこと。
 七代目よりうちわ専門店となり、御所うちわの伝統を伝える「京うちわ」を作り続けてこられました。
現当主は、その十代目との事です。
 
所在地: 京都市中京区柳馬場通六角下ル
TEL: 075-221-1460(FAX:075-221-1565)
営業時間: 9:00~18:00(土曜日は12:00まで)

音楽は意味は解らなくても好きな歌です。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年10月 4日 (火)

創作中華料理「一乃船入」でランチを愉しみました

 高瀬川一の船入界隈を散策している時に、ここのお店が気になっていましたが、
その日は残念ながら定休日でした。
その後お訪ねしたいと思いながら機会が無くて、先日、やっと・・・・(#^.^#)
039

お伺いした日は「本日は、予約の方で満席です」の貼り紙。
予約しておいて好かった!(^^)!

022


 町家造りのお店は”京都”を実感させてくれますし、
何より眺めの良い京の風情を存分に味わえる個室に案内されて
嬉しいでした!(^^)!

008

窓の外は鴨川からの水が、ゆったりと流れています。
ガラス越し、網戸の内側から撮っています。

 電話で予約したのですが、「膝が悪いので、堀炬燵式が嬉しいのですが」
に対して、「堀炬燵式は個室では無いのですよ。
個室の方が落ち着けますし、風情も有ります。
座敷椅子を用意しますで個室にされませんか?」と優しいお言葉。

021_2

玄関です。
 お店の方が揃ってお出迎え、お見送りをして下さいました。
お店を出てから、ふと振り向くとシェフと奥様、そして従業員の方が
外に出てのお見送り・・・初めて訪れて、すっかりファンになりました(#^.^#)

Panelimg
スープは冬瓜とエビです。

Panelimg2

020

フレンチの様に、一品ずつ出される料理の数々は、お味は薄味で、
ボリューム感も私には少し多すぎるかなあ?
そして出してくださるタイミングも丁度良くて!(^^)!
アルコール類・中国茶等の飲み物メニューもバラエティー豊かで、
4人で行きましたが、私以外はアルコールがお好き(^_-)。

 この内容で、ランチコース・3500円はお値打ちと言えるでしょうね。
次回お訪ねするのを愉しみにしています。

 音楽は”野に咲く花のように”タ゜・カーポのお二人です。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年9月20日 (火)

京うちわ「阿以波」さんにお邪魔しました

 先日柳馬場通六角近くを歩いていて、偶然”京うちわ「阿以波あいば」”さんを見つけました。
中を覗くと綺麗で涼しそうな団扇が有ります。
ガラスにカメラを押し付けて撮っていたら、「せっかく来て頂いたのです。
中へ入ってご覧ください」とこちらの息子さんでしょうか?優しいお言葉。
喜んで入らせて戴きました。
 何時ものように「写真を撮らせて・・・。ブログに載せても・・・?」

丁寧な説明をお聞きして、さあ、写真をと思ったら三人連れの若い女性。
お商売の邪魔にならないように気を遣いながら撮らせて戴きました。

036
残念ながら、西日の反射がまともに当たっています。


038 

四季折々の花鳥風月をあしらったうちわです。
 毎年新作が登場するとの事ですが、こうして見せて頂くだけで心が豊かになるような気がします。


039 

お店の中は上品な香りが仄かに漂っています。

0401 


”日本の四季の移ろいを団扇で感じる”はとても贅沢なことですね。
そんな心の余裕が欲しいなあ、と思いながら拝見していました。


043

こちらは、創業元禄2年(1689年)
京団扇一筋三百年のお店です。
阿以波さんの歴史は、初代長兵衛氏が近江の国の“饗庭(あいば)”より、都に出て店をひらいたことに始まるとのこと。
 七代目よりうちわ専門店となり、御所うちわの伝統を伝える「京うちわ」を作り続けてこられました。
現当主は、その十代目との事です。
 爽やかで優しい風を感じて、幸せいっぱいの夏の日の午後でした。

所在地: 京都市中京区柳馬場通六角下ル
TEL: 075-221-1460(FAX:075-221-1565)
営業時間: 9:00~18:00(土曜日は12:00まで)
   
勿論、音楽は、”風かはこぶもの”です。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年2月25日 (金)

築140年の京都「威風」をご存知ですか

 ここ夷風(いふう)は築140年の元の糸屋の典型的な京町家です。
そして染色家、南 進一郎氏のアトリエ兼創作着物ショップです。
ここへは何度かお邪魔していますが、いつも変わらず優しい笑顔で迎えて戴きます。
054

026
玄関を入った直ぐの壁の「たいじょうぶ」「なんとかなる」の言葉に勇気?を戴きますね。

027
奥は寛ぎのスペースになっています。甘いものを戴いたり、お茶を愉しんだりして、皆さんのお喋りの場所でもあります。

029

「どうぞ、上がって下さい」のご主人・南 進一郎氏の声に・・・・。

Img_4691
玄関は二階の吹き抜けから撮っています。

 膝が心配なのですが、中二階との事で少しホッとしながら二階へ上らせ戴きました。
”笑のギャラリー”です。ほんわか暖かい気持ちになりますね。
そして、「ゆっくりいこか」。
038

”おもてなし”のスペースも有ります。

036
呑まれる方にはきっと喜んで戴けるのでは?
様々な京都の銘柄の日本酒が並んでいます。
 (1月10日撮影)


音楽は若い頃!(^^)!とても好きな歌でした。倍賞千恵子さんで”忘れな草をあなたに”をお聴きくださいね。 

2010年10月10日 (日)

上七軒・がま口と口がねのお店「まつひろ商店」

 京都の花街の一つ上七軒に有る”がま口と口がね”のお店「まつひろ商店」にお邪魔しました。
お訪ねした日は”都ライトの初日でした。
通常は午後6時に閉店されるのですが、この期間は特別で8時までお店を開けておられるとの事でした。

056 
 二階の窓にも明かりが付いていますが、ここは貸画廊や催し会場としても使われています。
この日は地域の方の作品展をされていましたが、私は膝が悪いので残念ながら上ることは出来ませんでした。


中を覗き込むと若い女性が気持よく迎えて下さいました。
099

「お写真撮らせて戴いても好いですか?ブログに載せますが・・note
心好く笑顔で「どうぞ、お願いしますup


京町家をお店に改造されています。

098 
上七軒の芸妓さんや舞妓さんの団扇が飾られています。

097
懐かしい調度品をそのまま使っておられます。
あらゆる場所に所せましと「がま口」「がま口」・・・


それもそのはず、数百種類の色柄が有るとの事です。

Panelimg_2

(クリックして頂ければ大きくなります)


”がまぐち”はすべてがまぐち専門の職人の手仕事によって作られています。
口金の微調整もすべて人の手で行っておられるとの事です。
写真を撮らせて頂いている間も、若いカップルが来られて、手にとって「可愛いなあheart04
 私も「一つ欲しいなあ」と思いながら、出かける度に買っていたらきりが無いと言い聞かせて諦めました。
それでなくても、ブログを始めてから外食が多くなって毎月赤字cryingです。

2010年9月18日 (土)

ギャラリー笑栄堂”京町家でキルトとふれあう”

 築、約100年の京町家「ギャラリー笑栄堂」へお邪魔しまして開催中の026
「キルトとふれあう」パッチワーク作品を拝見しました。

右の立て看板はギャラリーの前に出ていましたが、小学生が書かれたとの事です。
 
初々しい文字に懐かしさとほんのり暖かさが感じられます。

 小学生の作品がショーウィンドーに展示されていましたが、ガラスが光ってcoldsweats02
 他にも素晴らしい作品が有ったのですが、ブログの容量も有り、絞らせて戴きました
。(写真はクリックして頂ければで大きくなります)
 早速ご覧戴きましょうup

012

010

素晴らしい作品の数々に、しばし写真を撮るのも忘れて・・

022
今回の作品は、パッチワーク教室の生徒さんや手作りの好きな方達が作
られたものです。

008


003_2

004_2
どの作品もとても丁寧に作られています。


006_2

014

可愛いネコちゃんに、福を戴いたようで嬉しくてheart04

020

016

015

9月19日まで開催、開催時間 午前10時~午後5時まで(最終日は午後4時まで)。
下京区七本松通五条上ル1筋目西入る
電話(075)201-9058

尚、ギャラリーではパッチワークの他に、ポジキ・韓紙工芸・ミシンワークの
制作体験教室を開催。また貸しギャラリー・貸し教室としても利用できます。
 ショーウィンドーにはいろいろな
作品も展示・販売しておられます。

2010年7月15日 (木)

京都・和布の和雑貨 「おはりばこ」をお訪ねしました

 「雨の大徳寺を散策」して、「大徳寺界隈」を北に歩いています。
風情の有る落ち着いた佇まいのお店や、民家が点在していますが、その中でも特に小さな町家が目に止まりましたeye


018_2
和布の小物専門店”おはりばこ”です。
 硝子窓から中を覗くと可愛い小物が目に飛び込んできました。
思わず硝子戸を開けて「noteすみません~。ブログをしている者ですが、お写真を撮らせて戴いてもよろしいですか~up
中から着物の似合う京美人の女性が出てこられました。
「宜しいですよnote」と優しいお言葉ですheart


019_2
町家独特の”鰻の寝床”です。
嬉しくなってheart

奥さまの許可を戴いて、写真を撮らせて頂きました。

031_2

素敵な方でしょうhappy01
お若い方ですが、着物もシックで着こなしも上品ですね。
この方が本当の京都の女性なのですよheart


022_2
 こちらでは、古布をはじめとした本物の日本の布を使って、髪飾りや小物を製造・販売されています。

 決して大きなお店では無いですが、手作りにこだわって今までには無い和の小物を作るようことに取り組んでおられます。


030
どれ一つとっても可愛くて欲しいものばかりですhappy01
お誕生日のお祝いに相応しいなあと思いながら愉しませて頂きました。

ここの作品をご紹介出来なくて、残念ですが、お店の雰囲気を解って下さいねconfident


025
「着物が着たくなるような小物」を目指しておられるとの事でした。
店内に並べられている様々種類の小物は全て手作りで
お店の近くに工房が有るとの事でした。
この日も奥から仕事をされているらしいカタカタの音が聞こえていました。


028

026
店内から、硝子越しに外を撮りました。

私も今回お訪ねして少し勉強をさせて頂きました。
興味の有る方はご覧下さいねeye
 [
古布柄と古布の違い]
現在「古典柄」などのプリントの元になっているものは、100年ほど前のアンティークの着物です。「古布」は、本物の正絹古布を差します。


以下は店主からのメッセージです。
 「もったいない」をカタチに
着られなくなり、処分される運命だった古布を、再利用して新しい人に愛していただくことは、”おはりばこ”の大きな使命の一つ。
一点一点異なる柄・風合いを楽しんでください


場所 京都市北区紫野門前町 17
電話 075ー495ー0119
営業時間 11:00~18:00
定休日 木曜日 第三水曜日

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ