作品展

2012年3月29日 (木)

可愛い布人形に癒されて

 先日、西陣織会館で催されていた内田信子コレクション「百龍展」を拝見しましたが、
その時に同じ会場に展示されていた布で作られた可愛いお人形をご紹介します。

058
背景は百龍展の作品です。この部分はゆっくり回っています。

それでは、仲良しの可愛い人形たちをご覧くださいね。

044

046

手に取りたいなあと思いながら、見つめています。

047

049
どのお人形さんの着物の柄も色も素晴らしいです。
全て西陣織の古布で作られています。

051
素朴な姿に癒されますね(#^.^#)

0561
丁寧に作られているのに感心しながら拝見しました。
 これらの内どれか一つでもよいから・・・と思いましたが
非売品との事でした。
 
  卒業式も終わりましたね。
私の一番印象の深かったのは高校の卒業でした。
大人になる不安と期待が有りました。
皆さんは如何でしたか?
 
勿論!荒井由美さんの♪卒業写真です。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年3月17日 (土)

京都下鴨神社・第四回”森の手づくり市”

 前回は、下鴨神社で挙式をされた幸せカップルさんたちをご紹介しましたが、
今日はここに訪れた目的”森の手づくり市”をご紹介します。
  これは緑の中で、創作雑貨の買い物や音楽を愉しむイベントです。
今回は二日間で京滋や大阪から計約400ブースが出店されます。

021_2
訪れた昼過ぎには、大勢の方たちが買い物を愉しんでおられました。

 布や皮のカバン、柿渋を塗った和紙で作った帽子などさまざまな品物が並んでいました。


0281
自転車用バッグ”ピコット”


013
柿渋を塗った和紙で作った帽子です。


015
粘土人形”ふくら 恵”


017
この人形たちは感情が高ぶると口から赤い糸状のものをだすそうです。
何となくお顔の表情に”憐れ”を感じてしまったのですが・・・


011
子供たちが喜びそうなパンツです。
若いお母さまが値段交渉をされていました(#^.^#)


001_2
大学のサークルによる音楽ステージです。
最近の大学生は地域の活性化や町おこしに協力していて、
それを愉しみにもしているようで爽やかさを感じます。
 この日、行列の出来ていた食べ物屋さんは”沖縄そば”と
”手づくりドーナツ”の店でした。
 「私ですか?」
 「何も買わず、何も食べずです」いつでもの事ですが・・(゚ー゚;
音楽は、♪ペルシャの市場にて です!(^^)!

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月19日 (日)

内田信子コレクション展を拝見しました(その1)

 西陣織会館で催されていた内田信子コレクション「百龍展」を拝見しました。
今年の干支”龍”がテーマだったのですが、そして100点以上の龍の作品は
布のタペストリーからマッチや切手に描かれたものまで、見事な作品でした。
 撮影は禁止されていましたが、内田さんが会場におられたので
お願いして、心惹かれた二枚の作品を撮らせて戴きました。
尚、「龍」の作品についてはこちらでご紹介されています。

0621
大きなタペストリーでしたので、撮ってからトリミングしたのではなくて、
各パートごとに撮りました。


0631

布の青は海を表しています。

063
↑の写真をトリミングしたものです。
お地蔵さまの慈愛に満ちたお顔に、思わず手を合わせたくなりますね。


064 


043

心をこめて制作された、内田さんの言葉です。
「震災で亡くなられた方々に思いを寄せ、
今、この生命に手を合わせたいと思います。」
 この作品展は19日までです。
ご紹介が遅れて申し訳なく思っています。

音楽は、勿論本田美奈子さんの♪アメージング グレースですね。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年12月28日 (水)

世界にたったひとつの灯り展(その2)

 その1)の続きです。
前回は灯りを主にご紹介しましたが、今回は陶器の置物をメインにご紹介します。

001_2
お雛様と、優しく照らす仄かな灯りです。


002
来年の干支の辰ですが剽軽なお顔に癒されます。
私もこの中から一組買わせて戴きました。
来年はリビングのテレビ台の上で一年間お世話になります。


020

009

023
ポストカードは残念ながら、室内の蛍光灯の光が当たって、
綺麗に撮れませんでした。


027

これらも愉しい作品ですが、室内照明での撮影の難しさを感じています。


026

030
二階の吹き抜けから見た階下の様子です。
 来年(^_-)は、ブログでのご紹介は、期間内でしなければ申し訳ないと
反省しつつ・・
 この後、幸せにも、「手作りパッチワーク&キルト展
を見せて戴くことが出来ました。
      タンゴは如何ですか?

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年12月27日 (火)

世界にたったひとつの灯り展(その1)

 今年も「町家ギャラリー」be京都で、個性豊かな手作りあんどんと絵葉書を集めた作品展「ポストカードコレクション&世界にたったひとつの灯り展」が開かれていました。
 私は気づくのが遅くて、残念ながらお訪ねしたのは最終日の18日でした。

033

ギャラリーの中には、フェルト、紙、ガラス、竹を使った綺麗な作品の数々が並んでいました。


007

仄かな灯りは優しくて心癒されますね。


006 

008 

012

013 

017
2009年から毎年この時期に開催されています。
今回はプロの作家から学生まで手作りあんどんは17人約60点、
絵葉書は75人約400種類の出展が有リました。
 ご紹介する作品が多くて、2回に分けました。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
尚、”町家ギャラリーbe京都”では、毎月一回 
「手作り灯り教室」を開催されています。
 講師は今日ご紹介している和紙を使った灯りの作家さんの一人
創作あかり工房の 江村敏治氏です。
 詳しくは、be京都 電話075-417ー1315にお尋ね下さい。
be京都:京都市上京区新町通上立売る


私が初めて買ったレコード!(^^)!は、ビゼーの♪アルルの女♪でした。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年12月21日 (水)

布とあそぶ パッチワーク&キルト

 ギャラリーの多く並ぶ寺町通御池下るを歩いていて、ふと目に留まったのが、
今日ご紹介する”布とあそぶ パッチワーク&キルト”の立て看板でした。
 中に入るとギャラリーの中には綺麗な数々のパッチワーク作品。
多くの方たちの「綺麗ですね♪」の声  声  声。

 最初は感動しながら、
こんなのが作れたら愉しいやろうな・嬉しいやろうなと、
拝見していたのですが、
思い切って「お写真撮らせて戴いても宜しいですか?」
 快いお返事を戴いて「ブログでご紹介させて戴いても・・・」
「嬉しいです。こんな作品で好かったら・・・刺激になります」云々。

046

049

056

055

053

数々の素晴らしい作品が有りましたが、撮影の拙さと室内照明で本来の布の持つ質感や美しさが出なくて、申し訳なく思っています。
 また、容量の関係も有り、ご紹介出来る作品に制限も有り、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

051

059
作家さんの青木みさ子さんのメッセージです。
 「先生のご指導を受けて10年近く経ちました。
77歳となった今、思い切って今までの作品を並べてみることにしました。
一作毎にパッチ・ワークに魅せられて、
もう少し学びつづけたいと思っています。」
 作品展は13日~18日まで、開催されていて私がお邪魔したのは最終日でしたが、拝見できて優しさと暖かい雰囲気に包まれて、
幸せな時間を過ごすことが出来ました。
 音楽は、シモンズの優しい歌声をお聴きくださいね。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年12月 2日 (金)

ぶらり見~つけた京都(地下鉄御池駅ギャラリー)

 今回の「ぶらり見~つけた京都」地下鉄御池駅ギャラリーで見つけた、
タペストリーです。
 京都市の姉妹都市の風景を編みこんだ、温かみのあるタペストリーが、
展示されていました。


095

民族衣装や市街地の風景がニットで編みこまれています。


096

 ニットアーティストがデザインし、教室のスタッフや生徒が各パーツを制作し、つなぎ合わせて仕上げられたとの事です。

087

京都とクロアチナ・ザグレブとウクライナ・キエフ、米・ボストン、仏・パリの
4姉妹都市の5枚です。


0891
京都は葵祭の斎王代の他に大文字・大沢の池の観月祭・龍安寺の石庭・モミジ・大原女などです。


089
舞妓さんと御所車。


0971
島原の花魁と禿(かむろ)ですね。

1枚に数十人が携わり、1か月がかりで作られたとの事です。
他にクッションやセーター、マフラーなどの作品も有りました。
尚、この展示は4日までです。
 音楽は、小掠 佳さんで、とて優しい歌♪愛燦燦♪は如何ですか?


(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 




2011年11月18日 (金)

二条城の菊花展を見せて戴きました

 二条城に展示されている菊花展を見る為に、
最終日13日の早朝に出かけました。
開門は9時ですが、8時50分には門の前で待ちます。
別に先着順に、「何かを戴ける」ことは無いのですよ(^-^;
単に、セッカチだけです。


013
大手門を入った所・番所跡前に展示されていた見事な3鉢の菊です。
朝日が当たりすぎて(^-^;色白の菊になりました。
あやかりたいものです(ー_ー)!!

↑をクローズアップしてみました。

011
扇型ですが、3種類の菊が使われています。
茎は1本のように見えます。


012
これは盆栽ですが、これも一本の茎です。
見事ですね、素晴らしいです。
これらの作品は同じ方の手によります。


014

「二の丸御殿」の唐門を挟んで両側に、見事な菊が展示されています。


016

素晴らしい菊の花を愉しませて戴いた後は、朝日に輝くお庭巡りをします。
京都に二条城が有って好かった(*^-^)と思いながら・・・
 
 音楽は、今、海外で大ブレークされている
由紀さおりさんの”夜明けのスキャット”私も初めて聴いた時、
カルチャーショックを受けました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年9月 1日 (木)

子供達が作った復興のオブジェ展「ワタノハスマイル」

 今日、ご紹介するアイデアいっぱいの可愛い作品は、東日本大震災に遭われた子供たちが作ったものです。
 
宮城県石巻市の避難所で、ボランティア活動を行っている「ワタノハスマイルプロジェクト」の方たちが、石巻市立渡波(ワタノハ)小学校で、避難所に遊ぶスペースをつくり、避難所の小学校に残る瓦礫の山、流木や漂流物などを使ってオブジェづくりを子供たちと一緒にされました。
 作品は、同小児童約3人が今年4月に作成。
詳しくはワタノハスマイルプロジェクトをご覧ください。

 今回の”ひとまち交流館 京都 075-354-8711”での展示会は多くの人に見てもらい、被災地の現状を伝えようと、京都海外協力協会などが企画されました。

046

 会場に入って、最初に目に止まったのは其々の作品に添えられている子供たちの笑顔でした。
大震災に遭われたのにこの明るい笑顔はどこから・・胸が熱くなりました。


Panelimg_2 

Panelimg1 

Panelimg3
上の段の右に拍子木のような物が有りますね。
これには「この棒でたたいてください」と書かれていました。


Panelimg4 

Panelimg5
 明るくて元気、発想が豊か、捨てられる運命だったかも知れないさまざま品物を見事に変身。
 お金を出せば買えると思っている自分が恥ずかしくなりました。


Panelimg6 

Panelimg7

他にも元気で心が感じられる作品たちが有りましたが、すべてを載せることができずに、残念です。
 渡波小は、津波の被害で校舎1階が水につかり、児童453人のうち7人が亡くなりました。
震災直後は1500人が校舎2階や体育館などに避難されていましたが、現在は約100人が生活しておられます。

044_2
写真は当時(4月)の様子です。

※”ひとまち交流館 京都075-354-8711”での開催は9月4日迄。
お近くの方は、是非ご覧くださいね。
同じく”ひとまち交流館 京都”で以前に開催されていた写真展
 ”東北の鉄路よ よみがれえ”(その1)(その2)です。


被災地支援プロジェクト専用ブログ
「京都発 被災地支援プロジェクト」はこちらです。

音楽は、この子供たちにピッタリだと思いました。
”勇気あるもの”吉永小百合さんが歌っておられましたね。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年8月23日 (火)

東北の鉄路よ よみがれえ(その2)

前回の続きです。
 今回の写真を撮られた方は、79歳になられる京都市の鉄道写真家・佐竹保雄さんです。
 国鉄時代から撮りためた東北の鉄道の写真と、東北をイメージした鉄道模型も展示されていました。
 東日本大震災で鉄道の多くが破壊され、生活の足が失われたことから、
支援の展示を企画されました。
 佐竹さんは、若い頃から鉄道写真の撮影を続けられていて、
2005年に写真絵本「おじいちゃんのSLアルバム」を出版されたとのことです。
 

016
磐越東線の貨物列車です。


019
東北本線 客車です。機関車は貴婦人と呼ばれた C57ですね。


021
雪の中を走っている客車です。
何線を走っているのか?残念ながら文字が切れていました。


022
これも雪の中を走る東北本線の客車です。
東北地方は、雪深いところが多かったことでしょうね。


026
これも何線なのか分りませんが、綺麗な水面が見えます。


043
東北本線を走る急行「北斗」ですが、長閑な牧歌的な風景ですね。


046
雪の中を走る東北本線の客車です。


 東北地方の風景画やミニチュアなどで、東北をイメージした鉄道模型が設置されていました。
 

会場では、乗車券や時刻表、時計などの鉄道グッズを販売し、収益は義援金として被災地へ送られます。(主催「鉄道展ー東北を旅して」実行委員会)

 音楽は、”ふるさと”メロディーだけですが・・・。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ