地域

2012年2月23日 (木)

冬景色の琵琶湖疏水(山科)をゆっくり のんびり

 先日、琵琶湖疏水の流れが止まっている様な事を聞いて、
驚いて早速、散策がてら見に行ってきました(忙中閑ありです(^_-))
  山科疏水は勿論!懐かしい母校(京都府立洛東高校)の有る場所です。
そして通学道でもありました。
 では、日ノ岡~洛東高校までの散策「私とご一緒に」如何ですか!(^^)!


001
(撮影は午前10時20分頃)
天智天皇の御陵を過ぎたところを西に向けて撮っています。
確かに水は底の方に・・・あの、ゆったりした川の流れは見えません。
写真には写っていませんが、先端に今年の干支”龍”に縁の深い
本圀寺の赤い橋があります。


003

006
 疏水沿いの小高い場所に散策道と小さな公園が造られていて、
散歩しているご近所の方や、時々、幼稚園児の甲高い声が響いています。


008
そろそろウオーキングや散策をされている方達に出会います。
 「お早うございます」や「こんにちは~♪」の声を掛け合って平和そのものです(^o^)


009
こんな姿が見られるのも、水量の少ない、流れの無い好さ?かも。


017
そんなことを思いながらのんびり歩いていると、洛東高校に着きました。
時計の針は11時を少し回っています。
 「正しく働き 正しく生きる」の文字が、アプローチの大理石に刻まれていました

 私は正しく生きているやろか?? 反省しながら、反省しながら・・・・。


020
 ふと見ると、疏水縁に青サギが立っていました。
暫くするとおじさんがビニール袋をぶら下げてやって来ました。
そして袋から魚を取り出して、青サギに与えていました。
少し離れたところに、もう1羽の青サギがいます。
なんでも毎日、そのおじさんが2羽の青サギに餌を与えているとのことです。
これは、通り掛かりの女性の話です。
世の中には、ご奇特な方もおられるのですねヽ(^o^)丿

        ※山科疏水について少し
1885(明治18)年に着工、1890(明治23)年に完成した琵琶湖疏水の一部です。
 大津市から長等山の下を抜けてきた後、山科や蹴上を経て京都の旧市街に通じています。
 疏水の両岸には、染井吉野や山桜が植えられ、静かな市民の散歩道となっています。
全長約4キロの“桜のトンネル”をゆっくりと散策するのは最高ですよ(#^.^#)
 
音楽は、合唱版で♪道 は如何ですか?

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月14日 (火)

梅小路SL館♪汽車ポッポ♪

 今回ご紹介する記事はお正月に、梅小路機関車館で撮ったものです。
お正月の新春企画の1つとして、「蒸気機関車の先頭部を車庫から出して展示」がされていました。
 何時もは扇型の車庫に入っている蒸気機関車を3mほど前進させて
展示しています。
050
「頭出し」の様子です。全部は写せていませんが13車両が並んでいます。

 SL大好きの私は勿論、行きました。
ところがモタモタしている間にお仲間が一足早くupしておられました。
しかも二回に分けて、先頭部の展示SLが走る様子です。
シマッタと思いましたが、臨場感たっぷりに撮られていて、その差は歴然。
 そんなことが有って1か月以上遅れのupとなりました。
二番煎じになりましたが、遅まきながらこっそり・・・・(ー_ー)!!

052
子供たちが乗り込んで、発車を今や遅しと待っています。

055
発車寸前です。子供達も私もドキドキしています。
煙と蒸気です。上にモクモク、下にももくもく。
ボーっと警笛が鳴っています。郷愁に浸るひと時です。

065
牽引している機関車はC612です。
子供たちの夢を載せて・・・・
私が思い浮かべるのは♪汽笛一斉新橋をですが・・・(;´▽`A``

071
約15分かけて往復したSLが戻って来ました。
「お帰りなさい~♪」と声をかけたくなります。
不思議な感情ですが・・・・!(^^)!

062
手前から”嵯峨野トロッコ列車””関空行き特急はるか”そして”在来線”です。
タイミング良く撮れましたヽ(^o^)丿
勿論、トロッコ列車は運転休止中です。
 童心に帰って♪汽車ぽっぽ は如何ですか(#^.^#)

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月 1日 (水)

”撮り鉄さん”を愉しみましたヽ(^o^)丿

 今、京都駅新幹線コンコースで「京都名流いけばな展」が
開催されています。
この模様は後日ご紹介しますが、コンコースに入るのには、
入場券120円が要ります。
 「そうや、久しぶりに新幹線を見よう、写そう(#^.^#)」
思い立ったら即行動のB型です。

063
エスカレーターを上がったら目に飛び込んできたのは、下りホームに停車していた黄色い車体の試験・検査車(愛称・ドクターイエロー)です。
列車を走らせて、架線やレールの検査をする車両です。
滅多にお目に掛かれない車両です。
  大慌てでカメラを取り出します。タイミングが好かったです。
発車寸前でした。他の人も盛んにシャッターを押しておられました。


065
後姿を ♪追いかけ~て~♪

ホームの案内板を見ると、上り”のぞみ”が数分後に到着予定です。

069
静かにホームに滑り込みました。


071
新型車両「N700」ですヽ(^o^)丿


072
下りの列車が入ってきました。
N700の発車です。
近づいて撮ろうと思ったのですが、駅員さんに注意されました((+_+))
 でも、撮り鉄さんの気分になって、愉しいひと時を過ごすことが出来ました。
音楽は、♪はしれちょうとっきゅう 童謡です!(^^)!

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年1月24日 (火)

寒い朝

1月24日、朝の7時50分頃の山の様子です。
この冬一番の冷え込み(天気予報・最低マイナス度)の朝、ガラス窓の水滴を取っていて綺麗になったガラスから、山々の様子が見えました。
うわ~っ綺麗ヽ(^o^)丿
  大急ぎでカメラを持ってベランダに出ます。
寒さも感じません。

001
まず、西山です。
青空に遠くの雪化粧した山並が朝日を浴びて、綺麗です。

次は北山を眺めます。
004
こちらはベランダから近いことも有って、山肌が見えます。


006
比叡山です。噴火しているような雲。
1~2分差で撮った山も、雪の降り方、太陽の当たり方で、様子は随分違いますね。

2012年1月16日 (月)

冬の早朝・京都「宝ヶ池」を散策しました

曇り時々晴れ・時々小雪の舞う寒い朝に、宝ヶ池を散策しました。 
 宝ヶ池は江戸時代に農業用の”ため池”として作られた人工池です。
それを市民の憩いの場として利用する為に、宝ヶ池公園が作られました。
 比叡山と国立京都国際会館を借景として楽しむ遊歩道と、ボート遊びが出来る本体部。
 山を越えて市営地下鉄松ヶ崎駅側にある運動公園、子供向けの遊戯施設がある「こどもの楽園」。
そして、
本体部とこどもの楽園を結ぶ「いこいの森」部分から成り立ちます。

008
地下鉄「国際会館前」で下車、北風の中を歩き始めます。


冬の景色を探して、池の方へ向かっています。
014
何時もは、この道をジョギングする人や散策する人たちの姿が見られます。

016
国立京都国際会館を右手に見ながら・・・

019
池に着きました。
青空にお日さまが微笑んでくれて、ホッと一息です。
流石に人の姿は有りません。

020
キラキラ光る池の面が何となく寒そうです。
写真を撮っていると小雪・・・寒くて寒くて((+_+))

 変わりやすい天候に諦めて駅の方に向かいます。
ここは、花の名所でもありますが、四季を通して散策するのに相応しい場所です。
   音楽は、やはり・・・・これですね(#^.^#)

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年1月 5日 (木)

京都・今日庵などの小川通を歩く

 お正月の2日は騒々しさから逃れて、不審庵(表千家)や今日庵(裏千家)などが有る、日本きっての家元通りの小川通を散策しました。
晴れ時々小雨、時折風も吹いて・・・。
037
裏千家の”今日庵”の前の道「小川通」です。
雨にしっとり、人ひとり通らない道は、静寂そのものです。

038
表千家・不審庵の玄関です。流石に立派な玄関ですね。

039
やっと和服姿の男性の姿、この通りに似合いますね。

040
又、和菓子のお店や茶道具の店が軒を連ねていますが、
流石にお正月は閉められています。

041

緑に溶け込むような美しい調和をみせる裏千家・今日庵の兜門です。

 今日庵は、千宗旦が表千家不審庵(今日庵脇)を江岑宗左に譲った際、
隠居所として建てたもので、裏千家の禅と茶を一体にとらえた
”わび”草庵の茶室です。

042
      雨が強く降ってきました。

貴重な建築物、またその由緒や歴史から、昭和51年に裏千家住宅すべてが
重要文化財の指定を受けています。

一般には非公開ですが、小川通を歩くだけでも落ち着いた雰囲気を感じることが出来ます。
時折、 着物姿の茶人やお弟子さんが出入りする様子も見られますよ。
 
  音楽は静かなメロディーを選びました

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年1月 3日 (火)

京都北野天神さんの書初めと上七軒の寸景

 今年も、2日に北野天満宮て、新年の書き初め「天満書」の奉納が始まりました。
 毎年、大勢の親子が訪れ、気持ちを新たに、真剣に書き初めをする子どもたちの姿が見られます。  
 今年は、晴れ時々小雨の生憎の天気でしたが、境内の絵馬所では、
子どもたちがずらりと並んで筆を握り、
真剣な表情で思い思いの言葉を書いていました。

006

どの子どもさんも堂々とした字で、頼もしい限りです(*^。^*)

005

今の子供たちは物怖じしないくて好いですね(#^.^#)

002
「お母ちゃん 僕の字見て~♪ 上手に書けたやろ」
 
 
 習字の上達と健やかな成長を祈って、
学問や書道の神としてたたえられる、祭神の菅原道真にあやかろう
との思いですね。

011
 舞妓さんたちはお正月は故郷に帰っておられると思いますが、
上七軒のお店は開いています。
 その中の一軒、有名な和菓子屋さんの”老 松”です。
女性の方が、「初詣の散策に、熱々の焼饅頭は如何ですか?
一つ100円です」!(^^)!

015
そして、ここも有名なお茶屋さんの”中里”です。
流石に正月飾りも上品ですね。
 
 長閑なお正月2日の光景です。
何は無くても、平和が一番ですねヽ(^o^)丿
 音楽は、未来を見つめて♪明日へ

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年12月12日 (月)

晩秋の京都府立植物園を散策しました

 ふと、久しく京都府立植物園へ訪れていない事に気づき、
11日の午後2時前に急遽出かけました。
 思ったら直ぐに足が出る?B型です(*´σー`)

何時ものように北門から入ります。
間もなく、カメラを持った多くの方たちに出会います。
 何を撮られたのか?
 何を撮る目的なのかなあ?
   そんなことを思いながら歩いています。
 
池の周りに、秋の日差しにキラキラ輝く紅葉が・・・ヽ(^o^)丿
 今年最後の紅葉として、先日、南禅寺の紅葉をご紹介しました。
そんな事忘れています(^_-)

黙って?ご覧くださいね
ι(´Д`υ)アセア
007

009
鴨さんたちも紅葉を愉しんでいるのでしょうか?

010 

013_2
暖かそうな紅葉の絨毯です。


053

057
↑と違った池です。
紅葉の風情も違いますね。


062
向こうの方に赤い紅葉の木が見えました。
小さくても紅葉は紅葉ですね(^_-)

この後、観覧温室のポインセチア展を愉しんで、園内をゆっくり散策して
充実した晩秋の植物園でした。
  音楽は、”アメビノーニのアダージョ”を静かにお愉しみください。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年11月 4日 (金)

京都「はんなり横丁」をご存知ですか

 昭和レトロ風の飲食店街「はんなり横丁」がこのほど、京都市東山区四条通東大路西入ルの
”祇園ファーストビル”の地下に誕生しました。

047

串カツ店など9軒が並ぶ通路には、蚊取り線香や虫刺され薬のホーロー看板、仁丹の町名表示板などを随所に掲示されています。

Panelimg1

Panelimg

037

床を石畳風、壁面を板張りにし、瓦屋根の軒先も再現しています。
木の電信柱には電灯も吊されています。

027

残念ながら、開店前に行きましたので、本当の横丁の雰囲気は撮れませんでしたが、新聞によるとお店には白黒テレビや茶箪笥など昭和の雰囲気が漂っているそうです。
何よりも、お店の方たちが昭和そのものとか。
一度、出かけてみませんか(#^.^#)

044
占いにも”京”のタイトルが、更に”祇園”まで。
多分、楚々とした別嬪さんの占い師なのでしょうね(^_-)

音楽は、昭和の隠れた名曲 伊東ゆかりさんの♪深夜放送♪です。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年10月21日 (金)

町家を優しく彩るお花や緑の葉っぱ゜

 私は”西陣織会館”で絵画を学んでいますが、往復の道でふと、
足を止めて見入っている町家が有ります。
 四季折々に季節のお花や緑の葉っぱで優しく彩られている玄関前。
こちらにお住いの方の優しさと心のゆとりを感じます。

008

009
ピンクの萩の花が、とても綺麗で可憐な花を咲かせていましたが、
写真を撮ろうと思っているうちに時が流れ、残念ながら・・(゚ー゚;

006

005

007
玄関を挟んで↑の反対側です。
緑の葉っぱも爽やかで目に優しいですね。

音楽は、音楽はユーミンで”優しさに包まれたなら”をお聴きくださいね。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ