伝統行事

2012年3月 3日 (土)

西国街道「ひな人形めぐり」

 西国街道の一部、京都府向日市で「ひな人形めぐり」が催され初めて拝見しました。
江戸時代から明治・大正・昭和・平成のひな人形が、各ご家庭などで公開展示されていました。
 たくさんの雛飾りを拝見しましたが、写真に撮れないものも有りました。
そのなかで幾つかの雛飾りをご紹介させて戴きます。
001
まずは、オーソドックス?な段飾りです。
この立派な雛飾りは筍で有名な”神崎屋さん”です。


022
源氏枠飾り(天井・屋根が無い御殿)のなかに、内裏雛と三人官女を飾る形式のものです(明治34年頃の作品)。
 雛道具として長持・箪笥・鏡台・長火鉢・茶箪笥・酒器・茶器・皿・台所用具などが添えられました。
通常は向日市文化資料館に展示されています。
源氏枠飾りの内部だけをトリミングしました。

 
 このような源氏枠や宮中の紫宸殿をイメージした御殿に雛人形を飾る(↓の写真)ことは、江戸時代後半に京都で流行しはじめ大正から昭和期にかけて関西で特に好まれました。
020_2
この雛飾りは”塩崎家”に飾られていた御殿雛で、段飾りの上部になります。
 
下の三枚の写真は塩崎家で撮りましたが、いずれも時代を感じさせる
上品で奥ゆかしいものです。
021

016

018

「三人官女でタスキをかけておられるのは、この地だけです」は
飾られていた”瀧本金物百貨店
の店主(女性)”の言葉です。
006
もしそうなら珍しいですね。
 室内撮影でどれも画像が悪くて、色もイマイチですね。
お雛様に申し訳なくて(ー_ー)!!

音楽は、ゆったりした気分でお聴きいただければ(#^.^#)

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月17日 (金)

節分祭を終えて「お疲れ様」上七軒の芸妓さんと舞妓さん

 2月3日の北野天神さんの節分祭で舞の奉納豆まきに、艶やかな姿で拍手喝采の上七軒の芸妓さんと舞妓さんも、お役目が終わりました。

緊張の連続でお疲れになられたと思います。


094_2
本殿にお参りして降りてこられた舞妓さん。


099
神社の方の誘導で社務所に入り、出てこられたところです。
2人の芸妓さんが先に、舞妓さんが続いておられます。


097_2

境内を通って上七軒に戻られる芸妓さんと舞妓さん。


103

104
芸妓さんは凛とした貫禄と色香が有りますね。


105
舞妓さんのこのようなお顔も可愛いですね(#^.^#)


106

外国の観光客も大勢来られていました。
運の好い方達です(*^。^*)


107

108
粋な後姿を見せて、愈々東門から上七軒に戻られます。
 
音楽は、ヨハン・シュトラウス♪皇帝円舞曲を選びました
少し長いですが”バレンタイン・コンサート”で演奏された内の一曲です。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月 5日 (日)

北野天神さん「節分祭」福は~内♪

 昨日の続きです。
茂山千五郎社中により奉納された追儺(ついな)狂言と、
上七軒の”歌舞会”による舞の奉納が終わって、いよいよ豆まきです。
 昨日の記事にも書きましたが、「鬼は外」は天満宮に逃れてきた鬼を市中に追い払うことになるから、絶対に言っては駄目で必ず「福は内」で豆をまきます。
071
係りの方から三宝に乗せられた豆が手渡されて、愈々豆まきが始まります。

064

↑も↓も出てこられて観客の方たちの声援?に応えらています。
↑は芸妓さん、↓は舞妓さんですね。


065

では、豆まきの様子をご覧下さい。
写真はイマイチですが舞妓さんたちの可憐さに免じて・・・(ー_ー)!!


078

077

081

082
豆は三角の袋に入っています。


089
”ふくは~ うち~♪」の声とともに・・・・・(#^.^#)
 当日は、2人の芸妓さんと3人の舞妓さんが協力されていましたが、
写真を撮る位置で公平?に撮ることが出ませんでした。
 この後、節分の行事が終わって、舞妓さんたちが上七軒に戻られる様子を
撮らせて戴きましたが5人とも公平?に撮りました。
後日、ご紹介します。
 尚、この日は、おねえさん方の舞をご覧になられていた、
市知さんと市桃さんにもお会いして、親しくお話をさせて戴きました。
勿論、写真も快く(#^.^#)
このお二人もご紹介させて戴きます。
 音楽は、舞妓さんたちを見ていて”天使”の笑顔を思い浮かべました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年2月 4日 (土)

京都北野天神さん節分祭と上七軒の芸・舞妓さん

 2月3日は、北野天満宮の節分祭を見に行ってきました。
神主さんのお話によると、鬼門の方角にある吉田神社(今年の節分の様子はこちらです)から、八坂神社、壬生寺(今年の節分の様子はこちらです)と逃げてきた鬼を、最終地である北野天満宮で退治しなければならないとの事でした。
 その為にこちらでは、「鬼は外」とは言いません。
 逃げてきた鬼を市中に追い出すからとの事です。
 「福は内」だけでした。
その鬼は、深泥池(みどろがいけ)からやってくるそうです。

 毎年、節分の日に茂山千五郎社中により奉納される追儺(ついな)狂言「福の神」は、北野天満宮の摂社福部社の祭神を主人公にした創作もので、天満宮参詣の人々に悪事をはたらく鬼を福の神が退治する筋立てが上演されます。
 私が訪れた12時30分頃は既に大勢の方達で、
細い私も入り込む隙が有りません((+_+))
 まず、神主さんのお話が終わって、やっと茂山千五郎社中による追儺狂言「福の神」です。
009
軽妙で時々笑わせて戴くところも有りましたが、
いつも、前の方の頭が邪魔で・・(ー_ー)!!

001
ひと際高い女性の声が印象的でした。

そして愈々上七軒の”歌舞会”による舞の奉納です。
031
何時もお見かけする芸妓さんですね。

034

035

そして、可愛い舞妓さんです。
041

066

059

038
奉納舞が終わって、これから茂山社中の皆さん方と芸妓さんたちで
豆まきです。
 節分が終わると、いよいよ春ですね。
まだまだ寒い日が続くと思いますが
音楽は、暖かい春が早く来るように願って、ヴィヴァルデイの「四季」より♪春を選びました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年1月25日 (水)

京都・北野天神さん「書初め作品展」

 毎年1月2日は子供たちを中心に大人の方も、境内で書初めを行います。
今年の様子はこちらをご覧くださいね。
 今日は絵馬堂に展示されている作品を見せて戴きました。

015

幼年から高校生まで真剣に書かれていた姿を思い出しながら
時には仄々、そして、上手やなあと感心しながら・・・


006
まず、幼年のグループです。
1歳とか2歳の文字が見えます。


009
6歳です。お上手ですね。私は”もち”が大好きです!(^^)!


010
小学三年生です。
力強い筆運びに感心しています。
”太平””大志”の言葉を選んだ子供が目立ちます。
そんな時代にするのは私たち大人の責任ですね。


013
「雪花」の方は小学四年生ですが、以外は6年生です。


014
高校生です。何時も「誠実」でありたいと反省しながら・・・
 
”書初め”に花を添えてほしいと、天神さんの梅を探したのですが、
ロウバイを撮ったのですが、好いのが無くて
急遽?先日、京都府立植物園で撮ったのに登場して頂きました(゚ー゚;
097

皆さんは、毛筆は得意ですか?
私は筆を持つのが怖いです((+_+))
 まあ、そんな事は別にして音楽は、前向きにヽ(´▽`)/

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2012年1月 3日 (火)

京都北野天神さんの書初めと上七軒の寸景

 今年も、2日に北野天満宮て、新年の書き初め「天満書」の奉納が始まりました。
 毎年、大勢の親子が訪れ、気持ちを新たに、真剣に書き初めをする子どもたちの姿が見られます。  
 今年は、晴れ時々小雨の生憎の天気でしたが、境内の絵馬所では、
子どもたちがずらりと並んで筆を握り、
真剣な表情で思い思いの言葉を書いていました。

006

どの子どもさんも堂々とした字で、頼もしい限りです(*^。^*)

005

今の子供たちは物怖じしないくて好いですね(#^.^#)

002
「お母ちゃん 僕の字見て~♪ 上手に書けたやろ」
 
 
 習字の上達と健やかな成長を祈って、
学問や書道の神としてたたえられる、祭神の菅原道真にあやかろう
との思いですね。

011
 舞妓さんたちはお正月は故郷に帰っておられると思いますが、
上七軒のお店は開いています。
 その中の一軒、有名な和菓子屋さんの”老 松”です。
女性の方が、「初詣の散策に、熱々の焼饅頭は如何ですか?
一つ100円です」!(^^)!

015
そして、ここも有名なお茶屋さんの”中里”です。
流石に正月飾りも上品ですね。
 
 長閑なお正月2日の光景です。
何は無くても、平和が一番ですねヽ(^o^)丿
 音楽は、未来を見つめて♪明日へ

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年12月 8日 (木)

千本釈迦堂の大根炊きが始まりました

 冬の京都の風物詩の一つ、”千本釈迦堂”の”大根炊き”が
7・8日の両日に行われます。
 私は、7日の午前中にお詣りしました。
013

 お釈迦様が悟りを開いた12月8日に因んだ恒例行事です。
2 日間で大根約5000本が用意され、
信徒の女性らが直径約1メートルの大鍋で焚き上げます。
008

「大根炊き」は鎌倉時代に、当寺の僧・慈禅が、法要の際に
大根の切り口に梵字を書いて、息災祈願を行なったのが起源とされ、
この大根を食べると中風など諸病除けになるとされています。

003

大きなお椀に入って千円、一寸高いようですが、
中風など諸病除けに効くとあれば、買い求められ戴いて居られました。

004
”おあげ”が入っていないお椀のは、これから入れられます!(^^)!

001
本堂へも沢山のお詣りがありました。

002

丸大根も買い求めることが出来ます。ご自宅で調理されるのでしょうね。

014
帰りに撮りました。
ご覧ください。この大勢の参拝客を。大行列は続きます!(^^)!
 他にも京都の冬の風物詩には、伝統行事の
「南座の顔見世」
嵯峨野の
「鯉上げ」が有名です。
  音楽は”祈り”を選びました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年11月30日 (水)

京の年中行事・南座「顔見世興行」が始まりました

 京都の南座で、年末恒例の歌舞伎「顔見世興行」東西合同大歌舞伎の
公演を前に、「まねき」
が25日正面に掲げられました。
 人間国宝の坂田藤十郎さんや人気俳優の片岡仁左衛門さんなど、
出演する歌舞伎俳優の名前を、大入りを願って丸みを帯びた勘亭流で書いた、
ヒノキの板54枚の「まねき」です。
 江戸時代以来の古式が残るのは、南座だけとの事です。

004

008_2

003
"
勘亭流"の文字です。

012
「まねき」の下に飾られている、出し物の一つ「元禄忠臣蔵」仙石屋敷の一場面の絵です。
主演の大石内蔵助には片岡仁左衛門さんが演じられます。

013

今年は1991年の改装から20年を記念し、緞帳(どんちょう)が新調され、
関係者に披露されました(23日)。
 初日は今日30日で、千秋楽は12月26日です。
顔見世が始まると、京都の人々は師走の慌ただしさを感じます。
 私は現役の頃、一度だけ歌舞伎の大ファンの同僚に誘われて行ったことが有りますが、
未だ、30代の後半よくは解らないままに、感動したことを覚えています。
もう一度見たいなあと思いながら、機会を見つけられずにいます。
  音楽は、やはりベートーベンの第九交響曲ですね。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

2011年11月 1日 (火)

第26回国民文化祭・京都2011「都大路オープニングパレード」(その2)

 都大路パレードは前回にご紹介した、歓迎パレード隊の他にも各種団体によるバトン、マーチング、郷土芸能、国際交流など多種多様の催しが有りました。
 そのことについては、”京 歩き”で詳しく紹介されていますので、ご覧くださいね。
 
私は歓迎パレードの最終、ご贔屓(^_-)の”京炎そでふれ!”の皆さんの巧みでパワーがみなぎる踊りをご紹介します(実は写真を整理していて、余りにも撮りすぎて整理に疲れて省エネです(゚ー゚;)。

Img_3542a

 前方から”京炎そでふれ!”の300名の方が、掛け声も勇ましく、踊りながらパレードしてこられました。
沿道の皆さんから一段と大きく拍手と歓声が上がります。


Img_3555a

私も感動で胸が熱くなります。


Img_3547a

踊るのが如何にも愉しくて・・・も、若さでしょうか(#^.^#)


Img_3553a

一瞬の間に皆さんの衣装は赤に変わりました。
うわ~の歓声と拍手です。

Img_3571a

Img_3565a

Img_3563a
学生さんたちの若さが私にも乗り移ったかなあと思えた時間でした。
 そんなことは無いですよね(ー_ー)!!
オープニングパレードに参加された、3300名の皆さま、
「感動を
ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。」

尚、国民文化祭・京都2011は、11月6日まで、京都府全体で色々な催しをされています。
 47有る都道府県で、次回に京都で催されるのは47年後です。
その時、皆さんは・・・?勿論、私はこの世にいません。
折角の機会です、出来るだけ行事に参加・見学しようと思っています。


 ここで、”京炎そでふれ!”についてチョコっと紹介しましょう。

 ”京炎”は「学生の燃えるような想いを、京都から全国に発信したい」と言う意味が込められています。
 また「きょうえん」と言う響きには「共演」「競演」と言うような意味もあり、
学生が市民と「祭り」を共創したいと言う想いを形にしたものです。

では、”そでふれ!”は?
 「袖触れあうも他生の縁」と言うことわざが語源で、出会いを大切にしなければならないと言う意味です。
また、「ふれ」にはFriend(=仲間)と言う意味も込められています。
 袖触れあう人々、おどる人々はみな友達・仲間であり、この踊りがそのような関係を築く手助けになればとの思いが込められています。
 ”京炎そでふれ!”は「京都学生祭典」がプロデュースする新しいジャンルで、そのプロデューサーは学生です。

 様々な大学のおどり手が、”京炎そでふれ!”を普及するために、各地で熱気溢れる披露を行っています。
その熱気を感じて、みなさんも一緒になって楽しく踊りましょう!

 勿論、音楽は”踊り明かそう”吹奏楽でお愉しみ下さいね。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

2011年10月30日 (日)

第26回国民文化祭・京都2011「都大路オープニングパレード」(その1)

 国内最大の文化祭「国民文化祭」が29日に幕開けされました。
スローガンは「こころを整える~文化発心」です。
 都大路オープニングは青空の下、皇太子さまをお迎えして、
国内外68団体、約3300人が御池通を1.2㎞コースのパレードです。
 私は、市役所前で約1時間半待って、拍手したり手拍子をとったり、手を振ったり、声をかけたり、感動したりの中で勿論、写真もバッチリ?です。

 (その1)では、歓迎パレード隊をご覧ください。

014
スタートは京都市立第四錦林小学校 部活動の皆さんと、吉田剣鋒保存会の皆さんによる「剣鋒」です。


015
パレードの先頭の高校生の皆さんです。


018
勿論、舞妓さんたちも参加して、カメラマンや沿道の人たちの注目の的です。


020_2
いよいよ、京(
みやこ)踊り子隊の皆さんの登場です。
ぱーっと都大路が華やかになります。


023
「若さ」は宝物ですね。


026
平成男着物組の方達も頑張っておられます。


029
残念ながら、男性には華が有りませんね。


031 

034 

038

040_2

041
 終始、弾けるような笑顔と若さで、見ている私たちは、幸せを届けて戴いたひと時でした。


 私は「お祭り大好き人間」であることが最近解りました。
やはり日本人のDNAでしょうか?
参加されている方たちの姿に、感動して涙ぐんでしまいます。
 
  この続きは、後日ご紹介します。

音楽は、ハチャトリアン作曲 仮面舞踏会より「ワルツ」 選びました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ