« 「ぶらり見~つけた京都」♪可愛いお雛さま | トップページ | 京都・西陣”美の辻” »

2012年3月 3日 (土)

西国街道「ひな人形めぐり」

 西国街道の一部、京都府向日市で「ひな人形めぐり」が催され初めて拝見しました。
江戸時代から明治・大正・昭和・平成のひな人形が、各ご家庭などで公開展示されていました。
 たくさんの雛飾りを拝見しましたが、写真に撮れないものも有りました。
そのなかで幾つかの雛飾りをご紹介させて戴きます。
001
まずは、オーソドックス?な段飾りです。
この立派な雛飾りは筍で有名な”神崎屋さん”です。


022
源氏枠飾り(天井・屋根が無い御殿)のなかに、内裏雛と三人官女を飾る形式のものです(明治34年頃の作品)。
 雛道具として長持・箪笥・鏡台・長火鉢・茶箪笥・酒器・茶器・皿・台所用具などが添えられました。
通常は向日市文化資料館に展示されています。
源氏枠飾りの内部だけをトリミングしました。

 
 このような源氏枠や宮中の紫宸殿をイメージした御殿に雛人形を飾る(↓の写真)ことは、江戸時代後半に京都で流行しはじめ大正から昭和期にかけて関西で特に好まれました。
020_2
この雛飾りは”塩崎家”に飾られていた御殿雛で、段飾りの上部になります。
 
下の三枚の写真は塩崎家で撮りましたが、いずれも時代を感じさせる
上品で奥ゆかしいものです。
021

016

018

「三人官女でタスキをかけておられるのは、この地だけです」は
飾られていた”瀧本金物百貨店
の店主(女性)”の言葉です。
006
もしそうなら珍しいですね。
 室内撮影でどれも画像が悪くて、色もイマイチですね。
お雛様に申し訳なくて(ー_ー)!!

音楽は、ゆったりした気分でお聴きいただければ(#^.^#)

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

« 「ぶらり見~つけた京都」♪可愛いお雛さま | トップページ | 京都・西陣”美の辻” »

伝統行事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/44314893

この記事へのトラックバック一覧です: 西国街道「ひな人形めぐり」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/03/03 08:51) [ケノーベル エージェント]
向日市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 「ぶらり見~つけた京都」♪可愛いお雛さま | トップページ | 京都・西陣”美の辻” »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ