« 新年の二条城庭園を散策しました | トップページ | 先輩・近藤正臣さんにお会いしました »

2012年1月 7日 (土)

京都・門跡寺院「宝鏡寺」をお訪ねしました

 茶室・今日庵などが並ぶ小川通を散策した前に、「宝鏡寺」もお訪ねしました。
 百々御所(どどのごしょ)とも呼ばれる門跡寺院(皇族や貴族が住職を務めた寺院)です。
 山門は開いていたので、境内に入らせて戴きました(通常でも境内は自由に入れます)。


034

031
 正式の玄関ですね。
南北朝時代に創建され、光厳天皇の内親王(皇女)が入寺して以来、
代々内親王が門跡を務めており、皇女和宮も幼少の一時期を過ごされました。
 そのため、父君である天皇からは、寺に入った娘のためにと、人形が多く贈られました。


030
 後に一般の人々からも供養のために人形が納められるようになり、
今は「人形の寺」として親しまれています。
 毎年、春と秋には「人形展」として寺宝とされる人形等が
展示・一般公開されています。
 また、境内にある人形塚では毎年10月14日に人形供養祭が行われます。


035
 宝鏡寺の土塀が続く歩道に、日差しが影を作っています。
雨上がりのしっとりした風情も素敵ですね。
ここも小川通と同じく人の姿が殆ど無く、静かなお正月の佇まいでした。
 賑わいから離れて、心静かなひと時を過ごすことは、
本当の贅沢かも知れませんね(#^.^#)(自己満足の世界です(゚ー゚;)
 音楽は、やはり静かな♪カノンですね。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

« 新年の二条城庭園を散策しました | トップページ | 先輩・近藤正臣さんにお会いしました »

お寺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/43632156

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・門跡寺院「宝鏡寺」をお訪ねしました:

« 新年の二条城庭園を散策しました | トップページ | 先輩・近藤正臣さんにお会いしました »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ