« 今年最後の紅葉は南禅寺です | トップページ | ぶらり見~つけた京都(”応仁の乱”山名宗全) »

2011年12月 8日 (木)

千本釈迦堂の大根炊きが始まりました

 冬の京都の風物詩の一つ、”千本釈迦堂”の”大根炊き”が
7・8日の両日に行われます。
 私は、7日の午前中にお詣りしました。
013

 お釈迦様が悟りを開いた12月8日に因んだ恒例行事です。
2 日間で大根約5000本が用意され、
信徒の女性らが直径約1メートルの大鍋で焚き上げます。
008

「大根炊き」は鎌倉時代に、当寺の僧・慈禅が、法要の際に
大根の切り口に梵字を書いて、息災祈願を行なったのが起源とされ、
この大根を食べると中風など諸病除けになるとされています。

003

大きなお椀に入って千円、一寸高いようですが、
中風など諸病除けに効くとあれば、買い求められ戴いて居られました。

004
”おあげ”が入っていないお椀のは、これから入れられます!(^^)!

001
本堂へも沢山のお詣りがありました。

002

丸大根も買い求めることが出来ます。ご自宅で調理されるのでしょうね。

014
帰りに撮りました。
ご覧ください。この大勢の参拝客を。大行列は続きます!(^^)!
 他にも京都の冬の風物詩には、伝統行事の
「南座の顔見世」
嵯峨野の
「鯉上げ」が有名です。
  音楽は”祈り”を選びました。

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

« 今年最後の紅葉は南禅寺です | トップページ | ぶらり見~つけた京都(”応仁の乱”山名宗全) »

お寺」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/43286538

この記事へのトラックバック一覧です: 千本釈迦堂の大根炊きが始まりました:

» 無病息災願い ほかほか「大根だき」 京都・千本釈迦堂 [ローカルニュースの旅]
二十四節気の一つ「大雪」の12月7日、京都市上京区の千本釈迦堂(大報恩寺)で、お供えの大根を炊いて無病息災を祈る「大根だき」が始まった。 [続きを読む]

« 今年最後の紅葉は南禅寺です | トップページ | ぶらり見~つけた京都(”応仁の乱”山名宗全) »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ