« 御土居を訪ねて(北野天満宮) | トップページ | ”町家ショップ&カフェ 綾綺殿”でランチを戴きました »

2011年12月18日 (日)

京都府立植物園のポインセチア展が始まっています

 晩秋の京都府立植物園を散策した後は、
観覧温室で開催中の数々のポインセチアに、優しいひと時を戴きました。
 ポインセチアはクリスマスを彩る飾りとして定番の観葉植物ですね。
赤やピンクなどの花の苞がとても美いです。
 第20回目となる今年は、様々な場所での展示で、
たくさんのポインセチアにお目にかかることが出来ましたヽ(^o^)丿

036
 仲良しご家族が「はい、ポーズ!(^^)!」平和な光景に安らぎます。

034

例年展示されているところです。

035

042

こちらの展示も今年初めてではないでしょうか?

038

Panelimg

ポインセチアの種類も増えましたね。私は小ぶりが好きです。

Panelimg1
たくさんの種類を撮りましたが、独断と偏見?で
私の好きなポインセチアを選びました!(^^)!

044
最後は背の高いポインセチアです。
珍しくは無いかも知れませんが・・(゚ー゚;
 
 尚、ポインセチア展は
24日(土曜)迄開催されています。
約100品種、1000鉢が展示。
会場:観覧温室(ジャングルゾーン・特別展示室)

又、夜間観覧温室開室とイルミネーション については
 24日(土曜)迄、午後5時30分から午後8時
正門から観覧温室を通り北山門に向けて、樹木や花壇をイルミネーション。
また、夜間の観覧温室を無料開放されています。 
 音楽は、少し早いとも思いましたが、クリスマスソングの定番といも言える
    山下達郎さんの♪クリスマス・イブは如何ですか
 

(京 歩き)↓もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

※興味の有る方はご覧くださいね。
原産は中央アメリカ(特にメキシコ)
ポインセチアという名前の由来は、アメリカ合衆国の初代メキシコ公使であったJ・R・ポインセットによる。
 
原産国とされるメキシコ合衆国では、「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれる。日本には明治時代に来た。
和名はショウジョウボク(猩々木)。
 大酒飲みの赤い顔が、伝説上の動物である猩々に似ていることから名付けられたという。(HPより)

« 御土居を訪ねて(北野天満宮) | トップページ | ”町家ショップ&カフェ 綾綺殿”でランチを戴きました »

地域 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/43408675

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園のポインセチア展が始まっています:

« 御土居を訪ねて(北野天満宮) | トップページ | ”町家ショップ&カフェ 綾綺殿”でランチを戴きました »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ