« 京都市内にある名建築を訪ねて (その7) | トップページ | 芙蓉の花に魅せられて »

2011年10月 1日 (土)

上七軒の舞妓さんによるお点前(その2)

 前回伝統文化祭 西陣千両ヶ辻の時に行われていた、上七軒の舞妓さんによるお点前を紹介しましたが、今回は唯一人おられた芸妓さんのお点前をご覧くださいね。

065

058

060
手つきも優雅で凛とした風情が有ります。

064
お点前の間中、舞妓さんたちは接待しておられる以外は、
屏風の前に立っておられます。
お疲れなのでしょうね。
3人三様の表情が・・・!(^^)!
緊張の中での数時間お疲れの事と思います。

048
芸妓さんは、”お姉さん”としても舞妓さんの指導が有ります。
優しい目で舞妓さんの手元をご覧になっています。
 お菓子を戴いてからお茶を戴きますが、そのタイミングも難しいです。
お菓子を戴く前にお茶が点てられた時は
「お茶が早ようすぎて、申し訳おへんどす。」
と笑顔で一言添えておられました。
 舞妓さんたちの記事は、カテゴリー”京都・花街”をご覧ください。

 音楽は東儀 秀樹さんの”優しい気持ち”をお聴きくださいね。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

« 京都市内にある名建築を訪ねて (その7) | トップページ | 芙蓉の花に魅せられて »

京都・花街」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/42033006

この記事へのトラックバック一覧です: 上七軒の舞妓さんによるお点前(その2):

« 京都市内にある名建築を訪ねて (その7) | トップページ | 芙蓉の花に魅せられて »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ