« ゆったり2泊3日の旅 下呂~能登へ(その2) | トップページ | ゆったり2泊3日の旅 下呂~能登へ(その3)白川郷-1 »

2011年9月 1日 (木)

子供達が作った復興のオブジェ展「ワタノハスマイル」

 今日、ご紹介するアイデアいっぱいの可愛い作品は、東日本大震災に遭われた子供たちが作ったものです。
 
宮城県石巻市の避難所で、ボランティア活動を行っている「ワタノハスマイルプロジェクト」の方たちが、石巻市立渡波(ワタノハ)小学校で、避難所に遊ぶスペースをつくり、避難所の小学校に残る瓦礫の山、流木や漂流物などを使ってオブジェづくりを子供たちと一緒にされました。
 作品は、同小児童約3人が今年4月に作成。
詳しくはワタノハスマイルプロジェクトをご覧ください。

 今回の”ひとまち交流館 京都 075-354-8711”での展示会は多くの人に見てもらい、被災地の現状を伝えようと、京都海外協力協会などが企画されました。

046

 会場に入って、最初に目に止まったのは其々の作品に添えられている子供たちの笑顔でした。
大震災に遭われたのにこの明るい笑顔はどこから・・胸が熱くなりました。


Panelimg_2 

Panelimg1 

Panelimg3
上の段の右に拍子木のような物が有りますね。
これには「この棒でたたいてください」と書かれていました。


Panelimg4 

Panelimg5
 明るくて元気、発想が豊か、捨てられる運命だったかも知れないさまざま品物を見事に変身。
 お金を出せば買えると思っている自分が恥ずかしくなりました。


Panelimg6 

Panelimg7

他にも元気で心が感じられる作品たちが有りましたが、すべてを載せることができずに、残念です。
 渡波小は、津波の被害で校舎1階が水につかり、児童453人のうち7人が亡くなりました。
震災直後は1500人が校舎2階や体育館などに避難されていましたが、現在は約100人が生活しておられます。

044_2
写真は当時(4月)の様子です。

※”ひとまち交流館 京都075-354-8711”での開催は9月4日迄。
お近くの方は、是非ご覧くださいね。
同じく”ひとまち交流館 京都”で以前に開催されていた写真展
 ”東北の鉄路よ よみがれえ”(その1)(その2)です。


被災地支援プロジェクト専用ブログ
「京都発 被災地支援プロジェクト」はこちらです。

音楽は、この子供たちにピッタリだと思いました。
”勇気あるもの”吉永小百合さんが歌っておられましたね。

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/ 

« ゆったり2泊3日の旅 下呂~能登へ(その2) | トップページ | ゆったり2泊3日の旅 下呂~能登へ(その3)白川郷-1 »

作品展」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/41419348

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達が作った復興のオブジェ展「ワタノハスマイル」:

« ゆったり2泊3日の旅 下呂~能登へ(その2) | トップページ | ゆったり2泊3日の旅 下呂~能登へ(その3)白川郷-1 »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ