« 京都市内の魔界を歩く (その2) | トップページ | 学生芸術作品展”いとへん展” »

2011年8月20日 (土)

東北の鉄路よ よみがれえ(その1)

 東日本大震災で失われた、かっての美観を写真や鉄道模型で再現した「鉄道展」が、
京都ひと・まち交流館で行われていました。
 震災の被害を受けたJR常磐線や大船渡線などを走っていた蒸気機関車など、約40年~50年前に撮影されたモノクロ写真約70点が展示してありました。
 展示されている写真は場所的に撮れないものもありましたし、
写真も見難いものが有りますが、2回に分けてご紹介させて頂きます。


 列車が走行する風景とともにご覧くださいね。
ほのぼのとした郷愁を感じます。

001_2

↑と↓は山田線を走る貨物列車です。
↑は機関車2両で引っ張って(重連で牽引)いますね。


002_2 

009_2
雪の八戸線を走る客車です。


007_2
同じく八戸線を走る貨物列車です。右の風景は海のようですね。


011_2
常盤線 急行「第1みちのく」。懐かしく、格好良いですね。


012
同じく常盤線「ゆうづる」、こちらも素敵です。力強さを感じます。
C62形ですものね。


044
東北本線 「はつかり」です。雪の中を疾走して来たのでしょう。
前面には、雪が付着しています。


014
岩手山をバックに走る東北本線 特急「はつかり」です。
こちらも機関車2両(重連)による牽引ですね。
 
写真を拝見していて、失ったものの大きさに心が痛みます。

ご紹介以外の写真や模型、写真を撮られた方のご紹介は(その2)をご覧ください。

音楽は小林 旭さんの”熱き心に”です。
映像と一緒にお楽しみくださいね。
 

お時間があれば↓(京 歩き)もご覧くださいね
http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/

« 京都市内の魔界を歩く (その2) | トップページ | 学生芸術作品展”いとへん展” »

作品展」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151596/41262784

この記事へのトラックバック一覧です: 東北の鉄路よ よみがれえ(その1):

« 京都市内の魔界を歩く (その2) | トップページ | 学生芸術作品展”いとへん展” »

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ