« 地元・桜の隠れ名所?「立本寺」の枝垂れ桜 | トップページ | 京都・醍醐寺の満開の桜です »

2011年4月 7日 (木)

京都・祇園白川沿いの桜を愛でる

 比叡山の麓を源流として、所々に素敵な景観を造りつつ、京都市内を北東から南西に流れている「白川」は、この辺りで「祇園新橋伝統的建造物群保存地区」を形成する一役を担っています。
 川底も浅く、小さな川ですが、緩やかに流れています。
 川の左岸には料理店があり、その右岸に多くの桜が植えられていて、市内でも有数の桜の名所になっています。私は、5日の午後に行きました。


Img_9573a

Img_9536ajpg1
柳も、しっかりと芽吹いて来ました。

Img_9526a
歌碑は、祇園をこよなく愛した文人・吉井 勇のもので、
"
かにかくに碑"です。
「かにかくに祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」 と詠まれています。

Img_9528a
全体に桜の木は、それ程大きくありませんが、その中でこの木は大きく立派な方です。


Img_9522a
川面に届きそうに桜の枝が垂れ下がっていました。
この風情が大好きで、必ず撮っています!(^^)!

 いよいよ京都市内も、桜満開の時季を迎えています。
この日も、この界隈は多くの人々が、花見に訪れていました。

 音楽は、やはり、ヴィヴァルデイの「四季」から春ですね。

« 地元・桜の隠れ名所?「立本寺」の枝垂れ桜 | トップページ | 京都・醍醐寺の満開の桜です »

地域 花」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ