« みちのく二大半島と秘境周遊の旅(十和田湖) | トップページ | 滋賀県大津市・西教寺の紅葉 »

2010年11月 4日 (木)

上七軒の舞妓さん”市知さん”の「店出し」

 先日、いつものようにカメラを持って近所を散歩していました。
目的はご近所に咲いているお花を撮ることだったのですが、歩く距離が足らなくて、少し遠回りをする為に上七軒の裏通りを歩いていました。
 静かな路地にカメラを持った方たちがザワザワ??
勿論、傍に寄って「何か有るのですか?」
「舞妓さんの”店出し(デビューですね)”ですよ。
もうすぐ出て来られるから待っているのです。」
ラッキー勿論一緒に待ちます。

待つこと20分位?
”上七軒芸妓組合”から出て来られました。
127_2
にこやかな中にも少し緊張感も有って初々しくてええですね(※帯の長さに注目下さいね。ずっと↓の先輩の舞妓さんの帯と比べて下さい)


129_2
近くのお茶屋さんなどに「店出し」の挨拶回りです。


130_2
置屋さんの方が付添いされています。

名前は”市知(いちとも)”さんです。
これから市知さんの色々な表情をご覧くださいね。
136_2
どうして名前を知っているかですか?
勿論、ご本人にお聞きしました。
「お名前を教えて戴けますか?ブログに載せてもええですか?」
「おおきに」です。


138_2

139_2

150_2

151_2

153_2

挨拶回りが済んで、先輩のお姉さま方とお祝いの席が待っています。
163_2
お料理屋さんの前で、ちびっ子カメラマンと「はい!ポーズ」

159_2

大勢のカメラマンに丁寧にご挨拶されて、お料理屋さんに入って行かれました。
158_2
「おめでとうございます」の声が飛び交っています。


隣のやはり写真を撮っておられる若い女性と「好かったなあ」少し興奮気味で帰りかけます。
 すると前方から、2人の舞妓さんが歩いて来られました。
何んと今日はラッキーの2倍です。
164_2
「うわ~ラッキーやねえ」若い娘さんと盛り上がっています。
(少し前から”電池切れ”の注意信号がチカチカ、焦っています)


大人の色香が漂いますね。

165_2
そしてカメラマンが並んでいる横を余裕で通り過ぎられます。
流石です。


167_2

※↑の「店出し」の舞妓さんの帯と長さを比べて下さい。
長いですね。

何でかなぁ?と思って調べてみました。
「仕込み」を終えると舞妓としてお座敷に正式デビューをされます。
「店出し」の前にはお座敷見習いがあり、お姉さん舞妓に連れられ、お座敷に出ます。
 この時、幾分短く「半だらり」とか「半だら」と呼ばれるだらり帯を結びます。「店出し」を経て帯の長さも変わるのですね。

また、「店出し」の前には挨拶の、所属と名前の入った
「さし紙」をお茶屋や料理屋へ配られるそうです。
尚、今までの花街の記事はカテゴリー「
京都・花街」をご覧くださいね。

 音楽を選ぶのは愉しくて、同じくらい気を遣います。
私の独断と偏見で選んでいますが、共感して頂ければ嬉しいです。
 市知さんの旅立ちを祝って「旅たちの日に」は如何でしょうか?

« みちのく二大半島と秘境周遊の旅(十和田湖) | トップページ | 滋賀県大津市・西教寺の紅葉 »

京都・花街」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ