« 上七軒・がま口と口がねのお店「まつひろ商店」 | トップページ | 上七軒の舞妓さんによる御手前 »

2010年10月13日 (水)

京都西陣「千両ケ辻」文化祭をご存知ですか

 9月23日の清明神社の祭礼の日は、西陣織の中心地「千両ケ辻」でも今年で8回目になる”西陣伝統文化祭”が行われました。
当日は雨でしたが、久しぶりに祭礼見物を兼ねて出かけました。
雨にも関わらず大勢の方が来られていました。
勿論マスコミの方も。


014

ここは、普段は非公開の商家です。


023jpg1
まず左側の「富田屋」さんです。
約120年前に建てられた「暮らしの美術館」です。
ここは有料です。

そして、最初の写真の右側「大宮」さんです。
こちらは江戸時代に生糸問屋を営んでおられました。

020
ここは無料ですので、中に入らせて戴きましたhappy01


016
奥の和室では和服や反物の展示販売をされていましたが、買い求める気の無い私は、写真を撮ったらこっそり・・・confident

次は、やはり普段は非公開の町家です。

003jpg1_3
この日の為に反物が飾られていますが、普段は特別なお客様をお迎えされる部屋です。

次も古い町家です。

下の掛け軸はご自宅のコレクションです。

008
これらの掛け軸は、左から恩田石峰「西王母図」

円山応挙「龍王玉后図」 高橋波藍「楚蓮香図」 吉村孝敬「唐美人図」と書かれていました

相変わらず雨はシトシト降り続いてますcoldsweats02

 何故「千両ケ辻」と呼ばれるようになったのでしょうか?
ここ今出川大宮界隈は江戸時代より「千両ケ辻」と呼ばれ、立ち並ぶ糸問屋や織物商が一日に千両に値する商品を販売した西陣織の中心地でした。
 そして、”伝統文化祭西陣千両ケ辻”は当時の活気に満ちあふれた雰囲気を再現するために、清明神社の祭礼に合わせて開催されています。
 この後とてもええ出会いが私を待っていてくれました。

« 上七軒・がま口と口がねのお店「まつひろ商店」 | トップページ | 上七軒の舞妓さんによる御手前 »

京都西陣」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ