« 平安京の中枢部・平安宮をご紹介します | トップページ | 滋賀県大津市の「大津祭」を観ました(その1) »

2009年10月 9日 (金)

京都西陣界隈をゆったりのんびり(その5)

 先日、町家カフェ”綾綺殿”にお訪ねした帰りにブラブラ歩いていて、ここと同じような石標をあちらこちらで見かけました。
 町家カフェ”綾綺殿”は正しく平安宮(内裏
(天皇のお住まいであった所))「綾綺殿」跡に建っています。
Img_2630
 ここでは、主に内宴・相撲節などで用いられ,内宴の際には西側の庭に舞台を設けて女楽人・妓女による舞が催されたとのことです。
少し興味が有って、平安宮(内裏)跡は他にも無いのか、調べてみました。

(※石碑は全て撮ったのですが、どれも同じような形なので、「平安宮内裏承香殿(じょうこうでん)跡」の1箇所の石碑を載せました。

他に石標(内裏
一角)を探して、町家の並んでいる路地を西に向かって、歩きます。
Img_2600

 有りました。「平安宮内裏承香殿(じょうこうでん)跡」です。
ここは、内裏の後宮の一つで、この建物の一画では、天皇の書物を保管し、和歌の編纂も行なわれたという事です。


Img_2604_2
 「平安宮内裏弘徽殿(こうきでん)跡」です。後宮の一つで、後に天皇の住まいにもなりました。

「源氏物語」では、弘徽殿女御が住み、またその妹の朧月夜も住みました。
朧月夜と光源氏との親密な関係が、光源氏の須磨への隠棲の原因となりました。
 
「源氏物語」は、架空のお話ですが、その舞台となったところが現実にあったと言うのは、なぜか不思議な感じがします。

Img_2608
 さらに歩きます。ここの路地は舗装されていなくて、今では珍しい?土道(つちみち)です。何となく懐かしい風景です。
同じような家が連なっていますね。


Img_2638

”下立売通”を東に向かって歩きます。有名な「山中油店」です。
ここは、創業200年以上のお店です。

Img_2639
 ここら辺りは、地下水に恵まれていて、井戸水が豊富に有ります。
町名も「出水」と言いますね。

Img_2641
玄関の前庭や中庭にも地下水が水車を回しています。

Img_2637
 道を挟んで、上京歴史探訪が有ります。ここは山中油店の経営で、大正時代の町家を改修されて作られました。
 ここの前庭にもやはり地下水が湧き出ています。
この一帯はオアシスのような場所ですね。

Img_2635

 ここら辺りにも古い歴史を感じさせる家が有ります。
山中油店の右隣りにも石碑は有りました。「平安宮一本御書所跡石碑」と彫られています。
「一本御書所」とは、当時流布された書物を一本(一部)を書き写して保管していた役所で、現在の国会図書館の様な部署だったのでしょうか。

Img_2647  
 この道を南へ下がった所の少し変わったギャラリーです。
ガラス越しに見ると、様々な作品が展示されていました。
一度、ゆっくりお訪ねしようと思っています。

Img_2648

 段々雲行きが怪しくなってきました。傘を持ってきていないことに気づいて、
山中油店の前の道を西に向かいます。

 この近くの石碑です。「内郭回廊跡」と彫られていますね。
このことについては、平安人さんが詳しく説明されていますので、省略します。

Img_2649 

さらに西に進むと古い家並みが続きます。
Img_2651
 ここを少し歩くと、千本通に出ます。
平安宮の極一部を紹介させて頂きました(コスモス)。
                 
引き続き、「平安京の中枢部・平安宮」をご紹介します。
↓をご覧下さいねeye

« 平安京の中枢部・平安宮をご紹介します | トップページ | 滋賀県大津市の「大津祭」を観ました(その1) »

京都西陣」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ