« 京都・清水寺の青龍会を拝観しました (その1) | トップページ | 京都府亀岡市内を歩く(その1) 亀山城と城下町 »

2009年9月23日 (水)

京都・清水寺の青龍会を拝観しました (その2)

 昨日は清水寺や青龍会についてご紹介しましたが、
清水寺の青龍会(せいりゅうえ)の行道(ぎょうどう)が、いよいよ始まります。

 出発の儀式が、「奥の院」で行なわれてから、「転法衆」(てんぽうしゅう)の法螺貝が、荘厳の中高らかに、鳴り響きます。「ボォー、ボォー」と。

 まず、「龍衆」(りゅうしゅう)は、境内社の「地主神社」に向いました。
Img_6256
 「地主神社」(じしゅじんじゃ)は、清水寺にお参りされたお若い方なら、大抵参拝されているのではないでしょうか。「えんむすびの神」さまですから・・・。

 ここで、行列は2つに分かれます。「龍衆」は、石段を下りて「音羽の滝」へ。
Img_6261

 「夜叉神」(やしゃじん)などの皆さんは、本堂の方へ。
Img_6257
 「八功功徳水」(はちくどくすい)を、参拝者に振り掛けながら進む「夜叉神」の方々、4人。

Img_6260
 龍は実在する動物ではありませんが、昔からお寺の本堂の天井や、絵画などによく描かれています。想像上の動物ですが、さも見た様に恐ろしく、リアルに描かれ、作られています。

 本堂前では、「夜叉神」が2方ずつ出て、参拝者に「散華」を渡したり、「八功徳水」を振り掛けたりされています。外人さんも、嬉しそうに頭を下げていました。
Img_6275

 再び両者は、西門付近で合流し、石段にて、全員揃った形で、お祈りがありました。この場面は、1つのクライマックスでしょうか。
Img_6299
石段下でも、[龍」の激しい動きが見られました。

Img_6300

Img_6309

 この後、行道は門前町へと、繰り出していきます。
Img_6311
 「龍」は、所々で「ウォー!!」と叫び声を上げながら、門前町の店の中に、突然乱入します。大きなお店でないと、入っていけませんがね。

Img_6323
 行道は、清水坂とちゃわん坂との分岐点から折り返して、お寺に戻ります。
この行事は、午後3時半頃まで続く予定になっています。

 2回に亘って、清水寺の「青龍会」をご覧頂きまして有難うございました。
京都には、まだまだ珍しいお祭などがありますので、これからも是非ともご紹介したいと思っております。

 次回は京都の「迎称寺」の古色蒼然の土塀と、5分咲きの萩の花を紹介します。

« 京都・清水寺の青龍会を拝観しました (その1) | トップページ | 京都府亀岡市内を歩く(その1) 亀山城と城下町 »

お寺」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ