« 今も生きている「平安京」の形 | トップページ | 司馬遼太郎の街道をゆく・嵯峨散歩 第3回・「角倉了以」編  »

2009年8月 7日 (金)

京都・西陣界隈をゆっくりのんびり(その3)

 雨上がりの8月1日の午後、千本釈迦堂を通って平野神社そして、北野天満宮まで歩きました。
カメラcameraはどうしょうか?と、思ったのですが、もしかして何か見つける事が出来るかもsign02
正解でしたgood
 ”犬も歩けば棒に当たる”「コスモス歩けばネタに当たる」は昔のキャッチフレーズでした。そして、今もこの言葉は生きていましたhappy01
 まず、千本釈迦堂までの道で見つけた町家と花です。

Img_2532

町家に咲いた、一輪の朝顔が奥ゆかしくて、清々しいですね
Img_2534  

(写真は右下がりになっていますが、実際は真っ直ぐに建っていましたcoldsweats02
この辺りの民家は築100年を超えています。
そして、高齢者の方が住んでおられます。

Img_2618
「稲垣機材(株)」西陣織の機材を扱うお店ですが、屋根の上にも機材がhappy01
Img_2613
 色々な商品が並んでいますが、ごちゃごちゃして解り難いですね(クリックして頂ければ、大きくなります)。大きくしても・・・??
Img_2615

やっぱり着物の町「西陣」ですね。”しみおとし”の店が数件あります。 
 ここの前を通っていますと、独特の匂いがします。
Img_2622
顔のシミは落ちませんよcoldsweats02

Img_2538_2
雨粒をいっぱい貰って、生き生きしている可愛いムクゲは、平野神社への途中で見つけました。
 平野神社に咲いているお花たちは、連日の雨で可哀そうな姿になっていましたweep

Img_2545
久しぶりに、天神さんのお土居に
入ります。
この木は樹齢何年くらいなのでしょうか。
雨に洗われた木々の緑が綺麗ですね。

Img_2548
↑の写真の柵のようなものは何かお解りですか?
天神さんで採れた梅を干される台です。ここの夏の風物詩です。
長雨で梅は並べられていません・・・

「職員の皆様は、社務所まで戻って下さいnote」の放送が流れてきました。
「一般の企業のようやなぁ」少しおかしくてhappy01

屋根の有る場所に置いてあった梅が出てきました。
久しぶりの貴重なお日さまです。
大急ぎで梅干しですねsun
Img_2551
 これ以上雨が降らないように、祈る思いでしょうね。
この梅干は、年末に縁起物として、販売されます。
各家庭では、元旦にこの梅干を頂きます。

 私も何となくほっとして天神さんの南門から出て、南に向かって歩きます。

ここは”うどんと陶器”の店「たわらや」さんです。
どうして”うどんと陶器”なのか、何となく不思議ですね。

Img_2041

お向かいのフェンスの中で、百日紅が人生を謳歌しています。
雨粒がこぼれそうです、光っているのが見えますか。
Img_2563

今は膝を少し痛めて、長歩きは出来ませんが、歩き始めて20分ほどすると、痛みは軽減します。
 膝の潤滑油が流れてくれるらしいです。
人間の身体の営みに感謝しつつ、これからも徘徊しましょうhappy01
                          コスモス
 明日(8日)は町家カフェ「 綾綺殿」をご紹介します

« 今も生きている「平安京」の形 | トップページ | 司馬遼太郎の街道をゆく・嵯峨散歩 第3回・「角倉了以」編  »

京都西陣」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

お勧めブログ